鮭と根菜の粕汁

鮭と根菜の粕汁
酒粕は美容と健康に効果があると期待されている食品です!

材料 (6人分)

大根
1/2本(約500g)
にんじん
1本(約150g)
こんにゃく
100g
塩鮭の切身(中辛)
3切れ
油揚げ
2枚
昆布(4×8cm)
1枚
1400ml
酒かす
200g
200ml
50ml
みそ
大さじ1・1/2

1

写真

昆布は堅く絞った濡れ布巾で表面をさっと拭き、水にさっとくぐらせてから、横に細切りにします。

2

写真

鮭は大きな骨を取り除き、幅1.5~2cmのそぎ切りにします。

3

写真

大根は皮をむいて長さ4cmに切り、縦に6~7mm角の棒状に切ります。

4

写真

にんじんは皮をむいて長さ4cmに切り、縦に6~7mm角の棒状に切ります。

5

写真

油揚げは油抜きをし、縦半分に切ってから横に幅6~7mmに切ります。

6

写真

こんにゃくは6~7mm幅の細切りにします。

7

写真

鍋に水を入れ、鮭、昆布を入れて強火にかけます。

8

写真

煮立つ直前に弱火にしてアクを取り、酒、みりんを加えて20分ほど煮ます。

9

写真

大根、にんじん、油揚げ、こんにゃくを加え、弱めの中火にして15分ほど煮ます。

10

写真

酒かすは小さくちぎって鍋に加え、弱火で20分ほど煮ます。

11

みそを溶き入れてひと煮立ちしたら、器に盛ります。

コツ・ポイント

日本酒の新酒が出回るこの季節は、酒粕もおいしいものが手に入ります。酒粕はしっとりしたものの方がお酒を多く含むため、風味豊かに仕上がります。酒の効果で体が芯から温まるため、寒い時期にオススメです。

このレシピの生い立ち

<よりみち2018.1月号 健康パワーアップレシピ>
酒粕に含まれているビタミンB群は肌の代謝を高め、ターンオーバーを促進します。さらに豊富な食物繊維が便秘を解消することで、不要な毒素が排出されて美肌効果も期待されます。(作:みづき)
レシピID : 4843882 公開日 : 18/01/05 更新日 : 18/01/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

18/02/06

First tsukurepo mark
写真

お鍋いっぱいに作りました! 美味しくてお肌にも良いなんて嬉しい♡

こっこちゃーん

あったまるだけでなくお肌にもいい粕汁♪ありがとうございます!