あっさりガレット・デ・ロワ

あっさりガレット・デ・ロワ
かるーい口当たりの簡単な折込パイと、卵一つでできるフランジパーヌの取り合わせです。軽いので、もたれずに食べられます。

材料

■パイ生地 材料
60g
薄力粉
60g
バター
100g
ひとつまみ
冷水
60g
■アーモンドクリーム 材料
バター
25g
砂糖
25g
卵白
1個
アーモンドの粉
25g
■カスタード 材料
牛乳
100cc
1個
砂糖
30g
小麦粉
大匙1
表面に塗る卵
1個
表面に降る粉砂糖
適当

1

パイ生地から用意します。

強力粉、薄力粉、塩を計りながらボウルに入れてよく混ぜ、冷蔵庫に入れておきます。

2

バターを2センチ角に切って冷蔵庫に入れておきます。 お水も計って冷蔵庫に。

冷えている間に、他の材料を計ってください。

3

冷えた粉に冷えたバターを入れて、カードで切りこみ、バターが1センチ角になったら、冷水を入れます。 おしつけるようにまとめてください。 まとめるだけで、混ぜなくていいです。バターの塊があっても、ひとまとめになったらそこでやめ。

4

まとまった生地をラップで包んで四角にまとめ、冷蔵庫で2時間冷やします。

5

この間にクリームを用意します。 

先ずはカスタードから。小鍋に砂糖と小麦粉を入れてよく混ぜます。

6

5.の鍋に牛乳を混ぜながら少しづつ入れます。
中火にかけて、へらで混ぜ続けます。

7

ねっとりしてきて、固くなってきたら、火から降ろし、卵黄を入れて手早く均一に混ぜます。
これを火に戻し、さっと火を通します。

8

小さなボウルに移して、バニラを一振りしてよく混ぜたら、ラップをクリームに直に貼り付けて冷ましておきます。

9

次にアーモンドクリームです。

バターをボウルの中で柔らかく練ります。

10

卵白しか使わないので、分離を避けるため、別のボウルで軽くあわ立てておきます。 角が立つほどじゃなくていいです。液体の部分が無くなったらOK。固く泡立ててもいいですが、必要はない。

11

9.のバターに砂糖を加えてよくすり混ぜます。
ここにアーモンドの粉も加えてよく混ぜます。

12

11.にあわ立てた卵白を加えて、引き続き泡だて器でぐるぐる混ぜます。
きれいにまとめて、冷蔵庫に入れておきます。

13

冷えたパイ生地を冷蔵庫から取り出して、粉をふった台で長方形に伸ばします。これを三つ折にします。90度回転させ、さっきとは違う方向でまた長く伸ばして、三つ折にします。ラップに包んで冷蔵庫で1時間冷やします。

14

1時間後、伸ばして三つ折、90度回転して伸ばして三つ折、の作業を今度は二回やっちゃいます。(本当はそのつど冷やしたほうが良いので、時間のある人は是非)

15

これを、一方向に少し伸ばして、一辺がもう一辺の二倍の長さになるようにします。後で正方形を二つ切り出します。

16

17

冷えた生地を取り出して、二つに切り、正方形を二つつくります。それぞれをだいたい25センチ角の四角く伸ばしておきます。

18

生地の一枚をベーキングシートに乗せて、そこに、クリームを、中心から外に向けて丸く搾り出します。大体18センチ直径の円を一重作ったら、すこしこんもりするように、真ん中あたりには二重に搾り出します。

19

もう一枚の生地をそっと上にかぶせます。その後生地の一部を持ち上げて、クリームとの間に入った空気を押し出します。

20

クリームが入った部分の山のふもとを指先でかるく押し付けて生地をくっつけるようにします。

21

このまま冷蔵庫で30分ほどひやします。

オーブンは200度に余熱します。

22

生地が冷えたら、余分な生地を切り取ります。指で押さえたところの外側を丸く切って行く。

23

切り口はナイフで細かく押さえます。模様をつけると同時に、端を閉じて膨らみを均等にします。表面に溶き卵を塗ります。

24

ナイフでパイの上部にガレット模様を描きます。生地を切ってしまわないように。真ん中に空気穴を空けてください。(上の写真で見えます)

25

オーブンで40分焼いて、焼き色が着いたら一旦取り出して、粉砂糖をふり、また15分ほど焼きます。

26

粉砂糖が溶けて表面がてりてりします。

コツ・ポイント

生地は冷やしながら取り扱うのが良いようです。

このレシピの生い立ち

卵一つで小さなガレットが作りたかったので、クリームを工夫してみました。
手順が多いですが、難しくないです。
レシピID : 485097 公開日 : 08/01/09 更新日 : 08/08/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」