食べられるトロピカル幾何学ケーキ

食べられるトロピカル幾何学ケーキ
トロピカル幾何学は区分的に線形な幾何学的対象を扱う。加法は二数の最大値、乗法は通常の加法とするトロピカル演算で記述する。

材料 (24人分)

5号のケーキスポンジ
2つ
トロピカルフルーツの缶詰
1つ
いちご
2パック
400ml(2パック)
砂糖
30g
ラム
お好みで
100ml
食紅(赤)
少々
参考文献
適宜

1

生クリーム2パックに砂糖26gを加えて泡立てる。

2

スポンジの表面に塗るシロップを作る。水に残りの砂糖とラムを加えて混ぜる。(砂糖とラムはお好みで。)

3

シロップをスポンジの表面に塗る。ただしここでは、スポンジ1セットには2枚のスポンジスライスが含まれるものと仮定する。

4

トロピカルフルーツをお好みの厚さに切って、1枚のスポンジスライスの上に高さを均等にして、まんべんなく乗せる。

5

いちごもスライスしてスポンジスライスの上に乗せる。

6

フルーツの上に生クリームを乗せて、均等にならし、上からもう一つのスポンジスライスを重ねる。

7

ケーキを円柱とみなしたときの底面と側面にまんべんなく均一に生クリームを塗り広げる。

8

2-7をもう一つのスポンジセットに対して繰り返す。この時生クリームをデコレーション用に少しとっておく。

9

いちごを周囲に飾り付ける。

10

残った生クリームに少しずつ食紅を加えながら泡立て、デコレーション用にする。※このとき食紅の加え過ぎに注意する。

11

トロピカル幾何学の専門家に、ケーキの上面にいい感じのトロピカル曲線を描いて頂く。

12

13

コツ・ポイント

※加法はmin, maxいずれでも良い。
※式を明示するとなお良い。

参考文献:
http://bit.ly/2kducZC
http://bit.ly/2BEcNTR

このレシピの生い立ち

数学カフェの忘年会で作りました。
レシピID : 4851207 公開日 : 17/12/19 更新日 : 17/12/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」