大和野菜たっぷりの「食べる」蒸しスープ

大和野菜たっぷりの「食べる」蒸しスープ

Description

根の先まで赤くインパクト抜群のカブ「片平あかね」と、キラキラ輝く「宇陀金ごぼう」を使った、電子レンジでできるお手軽レシピ

材料 (4人分)

宇陀金ごぼう
40g
片平あかね
80g
大和寒熟ほうれん草
80g
白ねぎ
1/2本
白菜
200g
かぶ
1~2個
しめじなど
100g
干し貝柱
8g
クコの実
12粒
塩・酒
少々

作り方

1

宇陀金ごぼうは、薄切りにして水にさらす。アクが抜けたら、ザルで水気を切る

2

片平あかねを2mm厚さの斜め切りに、白ねぎは5mm幅の輪切りにする

3

白菜を食べやすい大きさに切り、かぶは皮をむいて、8等分にする。しめじ等のきのこ類は、石づきを取ってほぐす

4

耐熱の器(4つ)に1~3と細かく砕いた干し貝柱、クコの実を均等に入れる

5

鍋に水と市販の中華スープの素を入れて沸かし、塩、酒で味付けする

6

写真

5の中華スープを熱いうちに4の器に入れ2重にラップする

7

電子レンジで加熱し(4人分の場合500Wで約4分30秒)、スープに野菜の旨味を出す

8

ほうれん草は、皿にのせて軽く塩をふり、ラップをして、電子レンジで加熱する(500Wで約20秒)

9

ほうれん草を食べやすい大きさに切って、7に乗せれば完成!

コツ・ポイント

電子レンジのワット数が高いと、沸騰して吹きこぼれることがあります。
1人分の場合は、170Wで10分程度。6~7分ごろに一度取り出してチェックしてください。

とにかくやけどに注意!

このレシピの生い立ち

奈良県広報誌「県民だより奈良」の人気コーナー「新発見!おいしい奈良(2012年1月号)」で紹介したレシピです。
レシピID : 4854186 公開日 : 18/01/23 更新日 : 18/01/23

このレシピの作者

かつて「うまいものなし」と言われた奈良県が、ついに汚名返上を果たします!豊かな土壌と、大きな寒暖差が育んだ、おいしいおいしい「大和野菜」や、鎌倉時代からの銘牛「大和牛(やまとうし)」など、奈良が誇る「うまいもの」を全力で紹介!「うまいもの」がいっぱいの奈良県に、ぜひ一度遊びに来てね!
【奈良県公式HP】www.pref.nara.jp/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」