ごろごろリンゴジャム

ごろごろリンゴジャム
てん菜糖でできた茶色いリンゴジャム。
白砂糖で作るより香ばしい香り。
このままタルトやパイにも使えます。

材料 (500ccの瓶2本分)

リンゴ(皮、芯を省いて)
1キロ
てん菜糖
200g
1個分
2つまみ

1

リンゴ(お好み)は皮を剥き芯を取り除き四等分したら、1センチ厚に切っておく。

2

1のリンゴにレモン汁、てん菜糖、塩をまぶし、常温で半日置く。(最低1〜2時間)

3

半日置いたリンゴからはタップリのジュースが出ているので、汁ごと鍋にいれ火にかける。

4

中火にかけ、時々底からかき混ぜる。煮立って来たら灰汁を取り弱火で約30分、時々かき混ぜながら煮る。

5

リンゴが透き通り、汁に少しとろみがついて来たら完成。瓶に入れて保存する。

コツ・ポイント

特に最初が焦げやすいので、コマメに底から返して下さい。

このレシピの生い立ち

毎年たくさんリンゴを戴くので。
食べきれなかった分は、お正月にジャムにします。
レシピID : 485672 公開日 : 08/01/10 更新日 : 08/01/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

08/01/14

First tsukurepo mark
写真

てんさい糖のかわりに三温糖で。やさしい甘さで美味しかったです!

hi-r64

ごろごろがお気に入りよ☆