ねぎ味噌

冬になると食べたくなります
炊きたてご飯との相性が最高です

材料 (1人分)

ねぎの白い所
一本
味噌
ティースプーン4分の1

1

ねぎを一晩外に置く。(気温がマイナス以下になる時を狙って!)
ねぎを凍ませるのがこのレシピ最大のポイントです。
凍ませるとねぎがすごく甘くなりますよ

2

ねぎに縦に十文字?の切込みを入れて、3mm幅の小口切りにしてみじん切りに。

3

すり鉢で、すっていきますこの時潰すようにすっていきます。

4

ねぎにふんわり感が残るくらいの時に、味噌をほんのすこーしづつに分けて味を見ながらすっていきます。

5

ねぎの粘りと味噌が合わさったら冷蔵庫に寝かせて(30分くらい)出来上がり。

6

日持ちしないのでなるべくその日のうちに食べきってください。
翌日になるとねぎの水分が出てきます。

7

コツ・ポイント

味噌はティースプーン4分の1を数回に分けて入れていきますが、入れ過ぎて味噌の色にならないように気をつけてください
ねぎはやわはだねぎを使っています

このレシピの生い立ち

どうしても食べたくて母から教わりました。
実家に伝わる冬の料理です。実家では雪に埋めてねぎを保存しており、雪の中から使うたびに掘り起こしていました。冬しか食べられないので、冬になると母や祖母にせがんで作ってもらっていました。
レシピID : 485826 公開日 : 08/01/10 更新日 : 08/01/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」