骨まで食べるサバ味噌煮

骨まで食べるサバ味噌煮
圧力鍋なのに皮が剥がれないのは白菜コートのおかげです。

材料

サバ半身(生)
3枚
1片
白菜
4枚
大さじ1
大さじ3
白ネギ
1本
小さじ1
粉末出汁汁
半カップ~
水溶き片栗粉
半カップ
醤油
大さじ3
適宜

1

サバは半分に切り身に熱湯かけておく。
圧力鍋に白菜を敷き生姜、サバを皮上に並べ、酢、塩をふり、白菜で蓋をする。
鍋の規定分量まで出し汁を注ぎ足し高圧で15分、蒸らし放置15分。

2

蓋を開けたら白ネギ、醤油、ザラメを加えて落とし蓋で5分煮込み、煮汁で味噌を溶いて3分煮込む。水溶き片栗液でとろみをつけ皿に盛る。

3

コツ・ポイント

白菜から水が出るので出し汁はやや控えめに。盛りつけなど白菜を被せた部分を大切に扱うと皮が剥がれず、仕上がりが綺麗です。

このレシピの生い立ち

圧力鍋だと心配な煮くずれも白菜が解決。缶詰よりも薄味で骨まで食べられるのはうれしいですね。味の染みた白菜もなかなかです。
レシピID : 485937 公開日 : 08/01/10 更新日 : 08/01/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

14/04/08

First tsukurepo mark
写真

もう少し時間加圧した方が良かっかたかも。味はとても美味しいです

ペーパー谷

ありがとう♪しっかりした見た目でおいしそうですね。