母から受け継いだ関西(神戸)のお雑煮

母から受け継いだ関西(神戸)のお雑煮
地元(神戸)で食べられているお雑煮です。白味噌、煮る丸餅、焼穴子が入るのが特徴です。

材料 (二人分)

金時にんじん
1/4本
大根
60g
鶏もも肉
1/4枚
焼穴子(あれば)
1尾
丸餅
4コ
2カップ
昆布
5センチ
大さじ3

1

写真

昆布を水に浸しておく(できれば30分以上)。

2

写真

焼穴子、鶏もも肉は適当な大きさに切る。

3

写真

金時にんじんは輪切りに、大根はいちょう切りにする。

4

写真

1に焼穴子を入れて火にかける。沸騰前に昆布を取り出す。

5

写真

鶏肉、にんじん、大根を入れて煮る。白味噌を溶いて味を整えたら出来上がり。

コツ・ポイント

*焼穴子は地方によっては手に入りづらいですが、入れると独特の香ばしさが加わって最高に美味しくなります!

このレシピの生い立ち

子どもの頃から親が作ってくれた雑煮だったので、自分でも受け継ごうと思い、作り方を聞いて作ってみました。
レシピID : 4867650 公開日 : 18/01/01 更新日 : 18/01/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」