敦子さんのブルーチーズパスタ

敦子さんのブルーチーズパスタ
「キッチンは実験室」と断言する敦子さんの実験成功レシピ。

材料 (2人分)

ブルーチーズ
30g位 お好みで
パセリのみじん切り
適量
パスタ
2人分
胡椒(できれば粗挽き黒胡椒)
適量

1

パスタを茹でている間に、小鍋にやさしい火加減で生クリームを温める。沸騰寸前にブルーチーズを加える。あらかた溶けたら火を止める。ブルーチーズの塩味で十分だが、味を見て好みで塩を加えてもよい。これで出来上がり。

2

飾りにパセリのみじん切りをちらしすと綺麗。好みでオリーブオイルで炒めたにんにくのみじん切りや玉ねぎのみじん切りを入れても美味しい。頂くときに黒胡椒をお忘れなく。

3

写真

4

今回はマッシュルームがあったのでそれを添えた。
マッシュルームを縦半分に切り耐熱容器に入れ、バターを小さじ1加え、レンジで2分で出来上がり。

コツ・ポイント

ブルーチーズの量が多いほどかための、少ないほどゆるめのソースになるそうです。温めるとブルーチーズのどくとくの匂いは感じられなくなります。私はブルーチーズが好きではないですが、このパスタはてとても美味しく頂きました!! にんにくを使うともっとその匂いはわからなくなるそうです。

このレシピの生い立ち

あまったブルーチーズの塊を消費したいために考え出したそうです。
レシピID : 486966 公開日 : 08/01/12 更新日 : 08/01/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」