褒められる!鶏の丸焼き☆ローストチキン

褒められる!鶏の丸焼き☆ローストチキン

Description

クリスマスのおもてなしにピッタリ☆お客様から毎回リクエストされます!
パリッパリの皮に、味のしみたピラフが絶品です!!

材料 (4人分)

丸鶏
1kg程度のもの
にんじん
1/2本
セロリ
1本
玉ねぎ
1個
じゃがいも
2〜3個
【中につめるスタッフ】
エリンギ(乾燥ポルチーニでも可)
1パック
かために炊いたご飯
1〜2カップ分
にんにくのみじんぎり(チューブ可)
1かけ
【調味料】
適宜
こしょう
適宜
溶かしバター
10g

作り方

1

丸鶏の中を綺麗に洗い、キッチンペーパーで水分をよくふき取ります。
家庭用オーブンで焼くなら、1kg程度の丸鶏がよいです。

2

丸鶏の外側と内側にしっかりと塩をすりこみます。(大2程度)
鶏が冷たい場合は、ここで常温に戻しておきます。

3

次に中につめるピラフをつくります。米は必ず水を少なめにして炊きます。(鶏肉から大量のスープが出てべちゃべちゃになるため)

4

写真

オーブンの天板に、アルミホイルやクッキングシートを敷き、にんじん(皮付)、セロリ、玉ねぎをスライスしたものを広げます。

5

写真

フライパンにオリーブオイルをいれ、にんにくを香りが立つまで炒め、小さくスライスしたエリンギ、ご飯、塩コショウで炒めます。

6

ここで、オーブンを200度に予熱しておきます。また、バターをレンジなどで溶かしておきます。

7

写真

ピラフの粗熱が取れたら、丸鶏の中に詰めます。ぎゅうぎゅうに押し込んだ方が型崩れせず、味もよく染み込みます。

8

写真

お尻の皮の部分を楊枝や竹串でとめます。ここできちんと止めないと、焼いた時にピラフが爆発してとびだしてしまうので注意!

9

写真

5の天板に丸鶏をのせ、はけでまんべんなく溶かしバターを塗ります。この際に後ろ脚をタコ糸などで美しい形に縛ってもよいです。

10

200度のオーブンで60分〜焼きます。
途中で2、3回溶かしバターを全面に塗ります。

11

30分が経過したあたりで、洗った皮付のじゃがいもをスライスしたものを天板にひろげます。
(初めから入れると焦げてしまう)

12

写真

皮がパリッと黄金色に色づき、じゃがいもに焼き目がついて火が通ったらできあがり!
※わかりやすいよう、足を広げてみました

コツ・ポイント

米はかために炊き、炒める際の塩コショウは控えめに。鶏肉にしっかり塩をしているため、その塩分とおいしいチキンのスープがかためのご飯にしっかり染み込んで絶品です!
セロリは葉の部分の香りがいいので、ちぎって必ず敷き詰めます。

このレシピの生い立ち

お料理教室で習ったレシピに、改良に改良を重ねたレシピです。
中の詰めものにパンや、もち米ピラフ、栗などいろいろ試してみましたが、シンプルなピラフが1番美味しかったので、10年以上このレシピに落ちついています。毎年好評のメニューです♡
レシピID : 4873771 公開日 : 18/01/06 更新日 : 19/12/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

12 (10人)

20/04/08

写真

早速のリピです。前回よりもっと美味しい❣️

Chaiteamom

20/03/22

写真

ご飯詰め込み過ぎたかな?美味しかったです!

Chaiteamom

19/11/30

写真

今年も作らせて頂きました!やっぱりこのレシピが美味しいです!

Lalalili

19/10/15

写真

皮パリパリ!お米から下に引いた野菜まで全部が美味しかったー!

KoreKumi