スパイス調合から始める本格カレー

スパイス調合から始める本格カレー
2日かけてじっくり作る本格スパイスカレー。市販のカレールー・カレー粉は使わずスパイス調合から始めます。

材料

A-クミン
12g
A-コリアンダー
12g
A-黒コショウ
12g
A-ターメリック
12g
A-ガラムマサラ
12g
A-カルダモン
5g
A-シナモン
5g
A-クローブ
3g
■■■■■
B-サラダ油
100ml
B-赤トウガラシ(みじん切り)
1本
B-フェヌグリーク
5g
B-マスタードシード
10g
■■■■■
C-サラダ油
大さじ1
C-玉ねぎ(みじん切り)
600g
C-にんにく(みじん切り)
15g
C-しょうが(みじん切り)
20g
C-バター
15g
■■■■■
D-コンソメ or チキンストック
1キューブ
D-水
1ℓ
D-ウスターソース
小さじ1
D-小麦粉※とろみをつけたい場合
0~大さじ4 お好みで
■■■■■
E-トマト缶
100g
E-白ワインビネガー
20ml
E-セロリ(みじん切り)
1本
E-マンゴーチャツネ
小さじ1
E-ローリエ
3枚
E-カレーリーフ(なくても大丈夫)
1枝
■■■■■
F-ココナッツクリーム
400ml
F-プレーンヨーグルト
30g
F-塩
20g
■■■■■
お好みの肉 or 身崩れしにくい白身魚
600g~多めでもOK
パプリカ(他お好みの野菜)
2個

1

肉はまだ冷蔵庫で待機。魚を使う場合は角切りにして冷蔵庫へ。(魚の場合は翌日使います)

2

写真

Aのスパイスを混ぜる。粒状のものはグラインダーで粉状にする。

3

写真

Bを深めの鍋に入れる。

4

写真

バター以外のCをフライパンに入れる。

5

写真

Dを混ぜる。小麦粉を入れる場合はダマがなくなるまで完全に溶かす。

6

写真

ローリエとカレーリーフは茶葉入れに入れると後が楽です。

7

写真

Eを混ぜる。

8

写真

中火でCを30分くらい炒め、飴色になってきたらバターを入れ、更に30分ほど炒める。焦げないように注意。

9

写真

これくらい濃い飴色になったら火を止める。量が1/4くらいまで凝縮される。

10

写真

Bを中火で炒め、香りが立ってきたらCを投入する。

11

写真

更に肉を投入。今回はラムのミンチを使っています。

12

写真

肉に火が通ってきたら野菜を投入。5分ほど炒める。(オクラやナスなど柔らかい野菜を使う場合は翌日に入れます)

13

写真

火を止めてAを投入。そのまま余熱で具材によくなじませる。

14

写真

Dを投入。小麦粉が下に溜まっているので入れる前によく混ぜる。弱火で沸騰するまで加熱。時々混ぜる。

15

写真

沸騰したらEを投入。弱火で沸騰するまで加熱。時々混ぜる。

16

写真

沸騰したらFを投入。弱火で沸騰するまで加熱。時々混ぜる。沸騰したらすぐ火を止める。

17

蓋をして完全に冷めたら冷蔵庫へ。一晩おいて味をなじませる。

18

食べる1時間ほど前に冷蔵庫から出し、弱火で再加熱。沸騰したら魚、柔らかい野菜を入れる。魚に火が通ったら完成。

コツ・ポイント

一日目、完全に冷めるまで数時間かかるのでお昼くらいに作ると良い時間配分になると思います。出来上がってすぐ食べても大丈夫ですが、一晩おいた方が格段に美味しいです。

このレシピの生い立ち

たまに料理好きな友人たちと一人一品持ち寄りのパーティーをしています。ある時変わったことをやろうということになり、カレールーやカレー粉を使わないスパイスカレー対決することになりました。その時に本やネットのレシピを参考に編み出したメニューです。
レシピID : 4877765 公開日 : 18/01/09 更新日 : 18/06/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」