日本(やまと)薬膳まんじゅう

日本(やまと)薬膳まんじゅう

Description

うま味成分が非常に多く、深いコクと甘みが特長の大和の伝統野菜「大和いも」を使用。あんかけで体の芯までポカポカに!

材料 (4人分(4個分))

じゃがいも
200g
大和肉鶏そぼろ(A)
40g
A 大和肉鶏むね・もも合わせひき肉
200g
A ごま油
大さじ1
A みりん・醤油・酒・砂糖
各大さじ2
プロセスチーズ
40g
30g
<衣>ほうれん草
2~3本
<衣>水
180ml
<衣>小麦粉
50g
<あん>だし汁
300ml
<あん>みりん・しょうゆ
各大さじ2
<あん>吉野くず粉
大さじ1
<あしらい>白髪ねぎ・おろしショウガ・クコの実
適量

作り方

1

大和肉鶏そぼろをつくる(Aの材料を使用)。フライパンにごま油を熱し、大和肉鶏合わせひき肉を入れてほぐしながら炒める

2

火が通ったら、Aのみりん・しょうゆ・酒・砂糖を加え、汁気がなくなるまで炒め煮する

3

松の実をフライパンで軽くこげ目がつく程度に煎る。クコの実は10分くらいお湯につけて戻しておく。チーズは角切りにする

4

大和いもとじゃがいもの皮をむき、一口大ほどに切って柔らかくなるまでゆで、まぜあわせて裏ごしする

5

4を4等分にし、平たく円形にのばして、それぞれに2のそぼろ(10g)とチーズ・松の実をのせて包み込む

6

ゆがいたほうれん草と水適量をミキサーにかけ、適量の小麦粉と合わせて衣をつくる

7

5に6の衣をつけ、低温(150℃)の油で4~5分揚げる

8

器に、くず粉でとろみをつけたあんを入れ、7をのせてお好みでクコの実などあしらいを飾れば完成!

コツ・ポイント

「大和肉鶏そぼろ」はAの分量が作りやすいですが、今回使用するのは40gです(残りは冷蔵庫等で保管し、お弁当やごはんにのせてもおいしいです)。
5の工程は手に水をつけるとまとまりやすいです。

このレシピの生い立ち

奈良県広報誌「県民だより奈良」の人気コーナー「新発見!おいしい奈良(2014年3月号)」で紹介したレシピです。
レシピID : 4882396 公開日 : 18/02/06 更新日 : 18/02/06

このレシピの作者

かつて「うまいものなし」と言われた奈良県が、ついに汚名返上を果たします!豊かな土壌と、大きな寒暖差が育んだ、おいしいおいしい「大和野菜」や、鎌倉時代からの銘牛「大和牛(やまとうし)」など、奈良が誇る「うまいもの」を全力で紹介!「うまいもの」がいっぱいの奈良県に、ぜひ一度遊びに来てね!
【奈良県公式HP】www.pref.nara.jp/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」