だまされたと思って焼いてみるギョニソ

だまされたと思って焼いてみるギョニソ
炭火が最高の調味料。
子供だましだなんて思わないでね。きっと大人もびっくりするから。

材料

ニッスイおさかなのソーセージ
人数分+α
炭火(非常に強く推奨)
焼き串など
要るだけ

1

まずは炭をおこします。七輪に練炭でも可。

2

ニッスイおさかなのソーセージは、ケーシングをむいて焼き串や割りばしを刺します。網にそのまま転がしてもいいんですけどね、やっぱこの方が楽しいんで。

3

炭火が安定したらおもむろに焼きます。強火の遠火を意識しつつ、ビールでも飲みながらじっくりと焼いてください。

4

表面がぷくぷくとふくれていい色になり、おいしそうな香りが立ち込めてきたらできあがり。
調味料なんていりません。ワイルドにかぶりついてください。

5

追加  ソーセージに串を刺すときは、ケーシングの頭だけむいた状態で刺し、それから全部むくと、まっすぐ刺せるし衛生的。アウトドアで役立ちますよ。

コツ・ポイント

絶対、ぜーったいに炭火です。

焼き網にのせて焼いてもいいし、河原の石に立てかけて焼いてもまた乙。屋外でかまどを作って石焼だと遠赤効果でさらにおいしい・・・気がする。

ギョニソは多めに用意したほうがいいです。一人2~3本は平気でたいらげますから。

まず見た目で子供が大喜びし、食べてみてみんながびっくりしますよ。
デザートには串を再利用の焼きマシュマロなんて、いかがでしょ?

このレシピの生い立ち

野宿の必須メニュー。先輩に教わった時、「え~、ただ焼いただけじゃん」て思ったのですが、食べてみて目からうろこが落ちました。
グリルやフライパンでは、この味は出せません。炭火に限ります。
レシピID : 488359 公開日 : 08/01/15 更新日 : 08/01/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

08/01/24

First tsukurepo mark
写真

普通に焼くのとはまた違って美味しい~^^奪い合って食べました。

げんぽきん

子どもでも簡単に焼けるのが楽でいいですよね。