血液サラサラいわしの麦まるうどん

血液サラサラいわしの麦まるうどん

Description

賞味期限の長い「麦まるごとうどん」を、イワシ缶の汁を活用して調理。汗が出るほど温まり、鍋も汚さず洗い物が出ません。

材料 (1人分)

麦まるごとうどん(乾麺)
1束(70g)
玉ねぎ
1/2個(70g)
釧路いわし缶
1/4缶(37.5g)
飲料水
250ml
煮沸用の水
適量

作り方

1

玉ねぎは皮をむく。

2

すべての具材をハイゼックス袋に入れる。

3

袋の中でうどんを半分に折る。

4

袋に飲料水250mlを入れ、袋の口を輪ゴムでしばる。

5

水を沸騰させた鍋に4を入れて15分間加熱し、すぐに取り出す。

6

器に移してできあがり。※移さずに袋のまま紙コップなどに入れて食べることもできます。

7

写真

▼北の災害食レシピはこちらから
http://kyouiku.bousai-hokkaido.jp/wordpress/

コツ・ポイント

玉ねぎといわしで血液サラサラ効果が期待できます。
ハイゼックス袋は防災用の炊飯袋で、1人分に1袋使用。
可能であれば、湯切り不要のうどんを使用し、加熱後は速やかに取り出す。
直径40㎝の鍋で10袋程度の調理が可能。

このレシピの生い立ち

2017年実施「北の災害食レシピコンテスト」の一般部門で、札幌市長賞を受賞。
北見市 三島春花さんが考案したレシピです。
北海道公式HPでは、50、100人分の分量や栄養価なども掲載したレシピ集を公開していますので、ぜひご覧ください。
レシピID : 4894970 公開日 : 18/01/24 更新日 : 18/01/26

このレシピの作者

北海道が誇る安全でおいしい食材をさまざまなレシピとともにご紹介します。また、北海道公式ホームページやブログ「超!!旬ほっかいどう」と連動して食情報や暮らしの安全安心に関する情報、子育て情報をお届けしますので、ぜひご覧ください♪
【道公式ホームページ】http://www.pref.hokkaido.lg.jp/index.htm

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」