奈良県産ブルーベリーのジャム

奈良県産ブルーベリーのジャム
奈良県でも生産されているブルーベリー。ジャムにすることで長期保存が可能です。

材料 (ビン3本分)

ブルーベリー
500g
100g
25~40ml
大さじ1

1

写真

耐熱のガラス容器をビン・ふたともに15~20分煮沸消毒しておく

2

ブルーベリーは茎やごみをとってつぶさないように洗い、ざるにあげて水を切っておく

3

写真

ブルーベリーを鍋に入れ、上白糖をまんべんなくまぶして混ぜ、水分が出るまで15分程度おく

4

写真

3の実を軽くつぶして中火にかける。丁寧に混ぜながらこまめにアクをとる

5

アクがとれたら、グラニュー糖を入れる

6

レモン果汁を入れ、煮上がったらブランデーを入れて火を止める

7

6が熱いうちに、煮沸消毒したビンに入れ、少しゆるめにふたを閉めて15分間蒸し器で蒸す

8

ふたをしっかり閉め、さらに15分間蒸せば完成!

コツ・ポイント

砂糖類は最低でもブルーベリーの分量の4割以上を入れないと、日持ちしにくくなります。
アクをしっかりとることで、渋みがとれます。
6で味見して、甘すぎるときはレモン果汁を多めに入れます。
7~8の密封処理で長期保存が可能です。

このレシピの生い立ち

奈良県広報誌「県民だより奈良」の人気コーナー「新発見!おいしい奈良(2015年8月号)」で紹介したレシピです。
レシピID : 4901395 公開日 : 18/02/15 更新日 : 18/02/15

このレシピの作者

かつて「うまいものなし」と言われた奈良県が、ついに汚名返上を果たします!豊かな土壌と、大きな寒暖差が育んだ、おいしいおいしい「大和野菜」や、鎌倉時代からの銘牛「大和牛(やまとうし)」など、奈良が誇る「うまいもの」を全力で紹介!「うまいもの」がいっぱいの奈良県に、ぜひ一度遊びに来てね!
【奈良県公式HP】www.pref.nara.jp/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」