レモンスライス入り♪爽やかレモンシフォン

レモンスライス入り♪爽やかレモンシフォン
レモンスライスの入った、爽やかなしっとりふわふわレモンシフォン☆ 食べきりサイズの15cmのシフォンですが、余ったら冷蔵庫で保存して、次の日でも爽やかで食感もそのまま、とっても美味しく頂けます♪

材料 (15cmシフォン型)

2個分
砂糖
15g
サラダ油
40g
50cc
薄力粉
50g
うめはらレモンスライス
30g
レモンオイル
6~8滴
卵白
3個分
砂糖
15g

1

シフォン型を入れ、オーブンを170℃に温めておく。

2

写真

ボウルに卵黄を入れてほぐし、砂糖15gを加え、ホイッパーで砂糖が溶けてとろりと白っぽくなるまですり混ぜる。

3

写真

サラダ油を少しずつ加えながらすり混ぜ、さらに水も少しずつ加えながらすり混ぜる。

4

写真

薄力粉をふるい入れてホイッパーでだまが無くなるまでぐるぐると混ぜ、完全に混ざったら、レモンスライスとレモンオイルを加えて、ほぐしながら混ぜる。

5

写真

別のボウルで卵白を泡立てていく。 砂糖15gは2~3回に分けて入れるが、まず卵白だけで泡立てて、全体的に大きな泡が立ってきたら最初の砂糖を入れる。

6

写真

泡立てては残りの砂糖を分け入れて、きめ細かくてつやのあるメレンゲに仕上げ、やわらかいツノがお辞儀するくらいまで泡立てる。 (ハンドミキサーで泡立てる場合は、泡立て過ぎないように低速で仕上げていく方が良いです)

7

写真

4)にメレンゲを一すくい加え、ホイッパーでぐるぐると混ぜる。 ゴムベラに持ち替え、残りのメレンゲを2~3回に分けてさっくりと底からすくい上げるように混ぜ合わせる。 (メレンゲの塊が残らないように丁寧に混ぜてください)

8

写真

型をオーブンから出し、生地を流し込み、台に10回くらいトントンと軽く打ちつけ余分な空気を抜く。
(*やけどに注意してください)

9

写真

170℃に予熱しておいたオーブンで20~25分焼き、焼きあがったら(竹串をさしてみて生地が付いてこなければOK)オーブンから取り出し、すぐに逆さにして冷ましておく。 (*ここでもやけどに注意してください)

10

写真

完全に冷めたら竹串やシフォンヘラなどで型から外して出来上がり☆
ホイップした生クリームを添えてもGoodです♪

コツ・ポイント

基本的なポイントはまず、薄力粉は完全にきちんと混ぜ合わせること、卵白の泡立てに注意してメレンゲを作った後は時間をおかず手早く進めること、メレンゲは塊がなくなるまで丁寧に混ぜ合わせること、型から出すときは完全に冷めてから。 このポイントを抑えれば大丈夫と思います。 焼き時間は各家庭のオーブンによって違ってくると思うので、調整してみてください。

このレシピの生い立ち

ただレモン汁やレモンオイルを入れるだけでは物足りなくて、cuocaさんで売っている うめはらのレモンスライスを混ぜてみたら、すごく爽やかで満足のいくシフォンケーキが出来上がりました。
15cmのシフォン型でのレシピも見つからなくて、生地の分量も自分でいろいろ試してみて、やっとこのレシピに落ち着きました。
レシピID : 490653 公開日 : 08/01/19 更新日 : 08/01/31

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」