五色ごはん ★宇都宮学校給食

五色ごはん ★宇都宮学校給食

Description

大正時代に食べられていた給食のメニューを再現しました。里芋が入った食べ応えのある混ぜご飯です。

材料 (4人分)

2カップ弱
15g
480㏄
サラダ油(炒め用)
小さじ1弱
里芋
中2個
油揚げ
1/2枚
ひじき
大さじ1強
にんじん
1/4本
鶏小間肉
80g
こんにゃく
40g
砂糖
小さじ4
しょう油
大さじ1
小さじ1
35㏄

作り方

1

ご飯を炊いておく。
ひじきは水に浸けて戻しておく。

2

里芋は厚めのいちょう切り、にんじん・こんにゃくは短冊切り、油揚げは油抜きをして千切りにする。

3

フライパンに油を熱し、鶏肉・にんじん・こんにゃく・ひじき・里芋を入れて炒める。

4

調味料を加え、油揚げを入れてさらに炒める。

5

4と炊きあがったご飯を混ぜる。

コツ・ポイント

★水の量は様子を見て調整してください。
★ごはんと具を混ぜるときは、ごはんがつぶれないよう力加減にご注意ください。
★麦は入れなくてもおいしく作れます。

このレシピの生い立ち

この給食が食べられていた当時は、五色ごはんと味噌汁という献立でした。
宇都宮市では、1/24~30の学校給食週間の取り組みのひとつとして、昔の給食を再現するなど、各学校の栄養士が工夫を凝らした給食を提供し、給食の意義や役割を伝えています。
レシピID : 4911349 公開日 : 20/01/24 更新日 : 20/01/24

このレシピの作者

餃子も給食に出ますが、「農業王国うつのみや」には、トマト、ニラ、アスパラガスなどおいしい食材がたくさん。宇都宮市の学校給食は、栄養バランスに配慮し、地元の食材を使い、行事食や郷土料理も取り入れるなど、全市立小中学校に配置された栄養士が、各学校で特色ある献立を作成しています。
http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/index.html

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」