ひまわりのパウンドケーキ

ひまわりのパウンドケーキ
普通の見た目のパウンドケーキに飽きた方、おためしあれ。

材料 (デコ型5号(150×H60mm))

☆パウンドケーキ材料☆
無塩バター
100g
68g
薄力粉
90g
2個
バニラオイルorバニラエッセンス
数滴
※薄力粉、アーモンドプードル、ベーキングパウダーはあわせて2回ふるいにかけておく
☆フィリング材料☆
リンゴ
2個
35~40g
お水
大さじ1~1.5杯
無塩バター
60g
ラム酒
20cc
アーモンド
40g
大さじ2~3杯
☆ひまわりのサツマイモ☆
サツマイモ
中2~3個
大さじ3~4杯
ガムシロップ(お砂糖代用可)
大さじ3~4杯
※サツマイモの甘さ、硬さで調節してください

1

~リンゴのフィリング~

アーモンドは170℃のオーブンで10分ローストしておいて、砕いておく。

リンゴは縦に6~8等分して皮をむき、1.2cm位ににいちょう切りする。

リンゴにレモン汁をかける。

2

フライパンにお砂糖・お水を入れフツフツして、うっすらとカラメル色になるまで熱して火を止める。
余熱でだいぶ色がついてくるので熱しすぎに注意。
そこへいちょう切りにしたリンゴを全部入れる。
レモン汁とリンゴの水分で跳ねるので要注意!!

3

カラメルとリンゴを混ぜて、中火で火をつけてリンゴがしんなりするまで火を通す。 リンゴが全体的に小さくなったら、火を止めてアーモンドとバターとラム酒を入れて、蓋をして置く。

4

~ひまわりのサツマイモ~

蒸したサツマイモをつぶして、生クリーム、お砂糖(硬めだったらガムシロップで代用)、バニラオイルをまぜて、絞り袋に入れておく。

5

オーブンに、170℃で余熱を入れておく。

卵が常温でも冷たいようなら、ぬるま湯に入れてあたためておく。

6

~パウンドケーキ~

バターは常温に戻し、クリーム状に練る。
お砂糖とバニラオイルを加え、ふんわりした状態で白っぽくなるまで混ぜる。
常温に戻した卵をかき混ぜ、少しづつ5~6回にわけて加え、1回ごとにミキサーで混ぜ合わせる。

7

粉類を一度に加え、さっくりゴムベラで混ぜ合わせる。

フライパンで作ったリンゴのフィリングを混ぜる。

型に入れて、絞り袋に入れたサツマイモを、ひまわりのように搾っていく。

8

写真

170℃で45~50分焼く。

ご家庭のオーブンによって温度・時間を変えてくださいね。

コツ・ポイント

リンゴは酸っぱめの方が美味しいと思います。

アーモンドじゃなくて、くるみでもいいですね。

レーズンが好きな方は、ラム酒につけたレーズンも入れても☆

パウンドケーキ自体は、だいぶ甘さ控えめなのでリンゴやサツマイモを甘めにしました。

焼いた翌日以降から2.3日が食べ頃です。

このレシピの生い立ち

昔から作っていた簡単なパウンドケーキを
いつもの型に飽きてしまったので、型を変えて
パウンドケーキじゃないような風貌にしてみました(^□^ゝゝ
レシピID : 491270 公開日 : 08/01/20 更新日 : 08/01/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」