コトレッタ・アラ・ミラネーゼ☆ビーフカツ

コトレッタ・アラ・ミラネーゼ☆ビーフカツ
ミラノ風子牛のカツレツを出来るだけ本格的に、しかし、手に入る材料で作ってみました。レストランでは定番ですが、それを家庭でも食べられるように考えてみました。ボリューム感が魅力です。

材料 (2人分)

牛肉(OZビーフ・ステーキ用)
2枚(1枚120gぐらい)
小麦粉(できれば強力粉)
大さじ2~3
適量(大さじ5~6)
溶き卵(衣用)
1個分
サラダ油
適量
バター
大さじ1
★プチトマト
10個
★粒マスタード
大さじ1
★水
大さじ2
★塩
小さじ1/2
パルメザンチーズ
適量
胡椒
少々

1

写真

市販のパン粉は粒が荒いので、すり鉢などで細かくおろしておく。

2

写真

ステーキ用の肉を半分にカットする。肉たたきorワインのビンなどで、肉を5mm程度の厚さになるまで叩く。この時、出来るだけ厚さが均一になるようにする。

3

写真

肉に小麦粉(あれば強力粉)をはたく。

4

写真

肉、溶き卵、パン粉を並べて、揚げる準備!(写真右から)

5

写真

フライパンに5mm程度の深さになるようにサラダ油を張る。中火で加熱して、バターも溶かしておく。

6

写真

肉に卵とパン粉をタップリつける。油が十分に熱くなったら、茶色になるまで揚げる。

7

写真

油を良く切って、お皿に盛り付ける。お皿は温めておくとベター。

8

写真

ソースを作る。フライパンの油を捨て、キッチンペーパーで拭いておく。フライパンを加熱して、★の材料を全部入れる。注)トマトは予め湯むきして四つに割っておく。

9

写真

トマトの輪郭が少しに崩れる程度になったら火を止める。全体が馴染むように混ぜる。

10

写真

パセリのみじん切りを加える。7のカツにこのソースをかける。パルメザンチーズのブロックをピラーで薄く削り、カツに添える。お好みで胡椒もかける。

コツ・ポイント

☆本当のミラノカツは全部バターで揚げます。ふんだんにバターを使える方は挑戦して下さい。☆パルメザンチーズをすりおろして、パン粉に混ぜて揚げると本格的ですが、高価なチーズが無駄になるので最後に添えました。☆肉は高価な霜降り肉より、赤身のOZビーフなどの方があっさりと食べられる気がします。ただ、柔らかい口当たりが好きな方は国産牛がベターです。☆櫛切りにしたレモンを添えるとベターです。

このレシピの生い立ち

オレンジページブックス「イタリアンのシンプルレシピ」に啓発されましたが、内容的には全くのオリジナルです。
レシピID : 491760 公開日 : 08/01/21 更新日 : 08/01/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

14/03/15

写真

参考にさせて頂きました!トマトとチーズがマッチ美味しかったです♪

ラン☆リン

つくれぽ感謝です。美味しく作って頂けて嬉しいです。

14/02/14

First tsukurepo mark
写真

おうちでバレンタインディナー♡旦那様とね!ありがとうございました

manch

つくれぽ感謝です。ルッコラもイタリアンっぽいですね。