ナツメグのさっくさくクッキー♪

ナツメグのさっくさくクッキー♪
ナツメグ余ってません?賞味期限迫ってません?

無きゃ困るけど持て余しちゃうナツメグを大量に使って、一味違ったさっくさくクッキー作ります。

ハンバーグ以上にナツメグが大活躍すること間違いなし。

材料 (30㎝角の天板で、2回焼く量)

無塩バター
100g
粉糖〈グラニュー糖でも)
50g
1/2個
好きなだけ
薄力粉
100g

1

写真

耐熱ボールにバターを入れ、ラップをかけて電子レンジにかける。じっと見つめて周囲がだらだら溶けたら取り出す。だらだら溶けてるけど、混ぜればクリーム状になります。※写真はちと溶かしすぎましたでございます。

2

写真

クリーム状になるまでバターをホイッパーで混ぜたら、紛糖を入れさらにさらにさらにがんばって混ぜる。全体が白くなってなんだかホイップされるまで混ぜる。

3

写真

こんな感じになります。腕が痛くなるけどがんばろう。

4

写真

アーモンドプードルを混ぜます。がんばってぐりぐり混ぜます。そして卵を数回に分けて、入れては混ぜ入れては混ぜを繰り返します。

5

写真

ナツメグを好きなだけ入れます。香辛料好きならたっぷり入れましょう。嫌いなら作らないほうが無難でしょう。※写真はドバーっと入れております。

6

写真

バニラオイルを入れて、うねうね混ぜます。やはりクッキーは、甘い匂いで焼けてほしいですね。

7

写真

ここでゴムベラに持ち替えて、薄力粉を3回くらいに分けて、入れては混ぜ混ぜ入れては混ぜ混ぜします。☆ここら辺で、オーブンを180℃設定で予熱開始!

8

写真

タネ完成。なんだかナツメグ色。これを8切の星口金直径6㎜で好きな形に絞ります。※口金はお好きなのを使って下さい。なんでもいいっす。

9

写真

タネは硬めなので、絞るのに力が要ります。文字でも模様でも、何でも楽しく絞りましょう。ハートを作るときは、乙女モードでお願いします。その方が心がこもる気がする。

10

写真

予熱が終わったオーブンを、予熱なし170℃15分に設定しなおして、いざ焼成。私は下段で焼きます。

11

写真

完全に冷めたら紛糖をパワ~っとふりかけて完成です。ハート型はチョコでコーティングしたらバレンタインにいいかも。しかしチョコとナツメグって、味が合うかなぁ?

コツ・ポイント

●なんと言ってもバターと砂糖のホイップがポイント。その時にいかに空気を含ませるかでさっくさく感が変わります。たぶん。●私は粉糖が好きですが、グラニュー糖でも上白糖でも何でもいいです。味や食感が少し変わる程度です。●半量で作る場合、卵はちぃさめの1/2個でお願いします。●余った卵は冷凍しておいて、また作るか他の料理に使って下さい。

このレシピの生い立ち

ナツメグの賞味期限、6ヶ月過ぎてた。あいたたた。気がつけば無塩バターの賞味期限も過ぎている。…手軽にたくさん消費するにはクッキーしかあるまい!ってことで研究しました。
製菓材料もたまには賞味期限チェックしなくちゃいかんなーと実感した今日この頃でございます。脱脂粉乳なんかエマージェンシー!
レシピID : 492039 公開日 : 08/01/21 更新日 : 08/02/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

12/01/22

写真

本当にさっくさく美味しい定番にします♪

ワギュゥ

そのしぼり方も素敵!どんどこナツメグ使ってこー(^O^*)ノ

09/08/12

First tsukurepo mark
写真

ナツメグをダブって買ってしまい困ってました。クッキーにしたら美味

いけのかえる

どしどし作って消費しちゃってください☆初れぽありがとうです♪