豚肉とキャベツのあんかけチャーハン

豚肉とキャベツのあんかけチャーハン
アルファ化米の薄味ご飯と濃い目のあんが相性抜群!(農林水産省)

材料 (2~3人分)

アルファ化米(エビピラフ)
200g(2袋)
2個
ねぎ
20g
サラダ油
小さじ2
具だくさんのあん
豚バラ肉
150g
キャベツ
200g
サラダ油
小さじ1
しょうゆ
大さじ1.5
大さじ1.5
砂糖
小さじ1
鶏がらスープの素
小さじ1
180ml
水溶き片栗粉
大さじ1
大さじ1強

1

アルファ化米は、記載された作り方どおりに熱湯(分量外)を注ぎ、できあがりを待つ。

2

フライパンで小さじ2のサラダ油を熱し、溶いた卵を入れて直ぐに1のアルファ化米を卵の上にのせ、卵をほぐしながら混ぜる。

3

2に刻んだねぎを入れて炒め合わせ、お椀などによそってから皿に盛り付ける。

4

豚バラ肉は一口大に、キャベツは1cm幅に切る。

5

フライパンに小さじ1のサラダ油を熱し、4の豚バラ肉を炒め、みじん切りにしたしょうがとにんにくを加える。

6

豚バラ肉に火が通ったら、4のキャベツを入れる。キャベツに油が回ったら、Aの水を半分加えて炒め煮にする。

7

キャベツがしんなりしてきたら、Aの調味料をすべて加えてなじませ、残りの水も入れる。

8

水溶き片栗粉を少しづつ加え、とろみがつくまで熱する。

9

3のチャーハンに、8のあんをかけて完成。

コツ・ポイント

キャベツは炒め煮にすることで、シャキシャキ感を残すことができます。フライパンに卵を入れて直ぐご飯を入れた後は、ひっくり返してからしゃもじで混ぜ合わせると上手く混ざります。あんだけを作ってアルファ化米にかけてもよいです。

このレシピの生い立ち

愛知学院大学公衆栄養学ゼミが考案した、ローリングストック法(通常の食事の中で、食べながら備蓄する仕組み)普及レシピです。http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/iken/recipe.html
レシピID : 4924652 公開日 : 18/02/23 更新日 : 18/02/26

このレシピの作者

農林水産省では、食料の安定供給、農山漁村や食品産業の振興など、多岐にわたる業務に取り組んでいます。公式キッチンでは、旬や話題の食材を使用したレシピや地方に伝わる郷土料理などを掲載していきます。皆さまの「食」に関する新たな発見に繋がれば幸いです。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」