ながいも、オクラのツナあえ丼

ながいも、オクラのツナあえ丼
ツナ缶詰で作る、彩りがよく子どもがパクパク食べられる丼です(農林水産省)

材料 (2人分)

レトルトご飯
1.5パック
ツナ油漬け缶詰
2缶(80g)
青しそ
4枚
オクラ
6本
ミニトマト
6個
2個
適量

1

ツナ缶の缶汁は捨てる。

2

青しそは手でちぎる。

3

ながいもは皮をむいて1cm角にする。

4

オクラはゆでて5mm幅に切る。

5

ボウルに1と2を入れ混ぜる。

6

ミニトマトを半分に切る。

7

ご飯にもみのりをのせてから、3と4と5と6の具をすべてのせる。

8

温泉卵を中央にのせ、しょうゆをかける。

コツ・ポイント

火を使わず簡単手軽に作ることができ、薄味でさっぱり食べられます。

このレシピの生い立ち

愛知学院大学公衆栄養学ゼミが考案した、ローリングストック法(通常の食事の中で、食べながら備蓄する仕組み)普及レシピです。http://www.maff.go.jp/tokai/shohi/seikatsu/iken/recipe.html
レシピID : 4924664 公開日 : 18/02/27 更新日 : 18/02/27

このレシピの作者

農林水産省では、食料の安定供給、農山漁村や食品産業の振興など、多岐にわたる業務に取り組んでいます。公式キッチンでは、旬や話題の食材を使用したレシピや地方に伝わる郷土料理などを掲載していきます。皆さまの「食」に関する新たな発見に繋がれば幸いです。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」