香ばしい!ガーリックトマトスパゲッティ

ガーリックの香りを最大限に強調するためにはどうすれば良いのかという事に重点を置いて開発したレシピです。こんな面倒な事は普通お店ではやらないのでどこでも食べた事がないスパゲッティが作れる事請け合いです。ガーリック好きならぜひ一度!

材料 (5人分)

10粒程度
トマトソース
人数分(5人分なら500cc位)
パスタ(1.6mm位の太めのパスタがお勧め)
500グラム
大さじ2杯
水(パスタを茹でるため)
約6 L
100ccくらい

1

トマトソースは別に作ります。どのレシピでも大丈夫、市販品でもOKです。こちらは別のナベで暖めておきましょう。
ガーリックの利いたトマトソースを使えばダブルガーリックでとても美味です。

2

まずは大きなナベに水を張り、火にかけます(レシピは6Lのナベを前提にしています)。塩加減は3%くらい、スプーンで舐めてみて塩っぱいと感じる様なら塩が多すぎます。美味しいと思えるくらいの量より少々塩多めと思って下さい。

3

次いでガーリックを刻みます。ガーリックは頭とお尻を切り取って包丁の腹で潰すと簡単に剥く事ができます。全量をミジン切りにします。

4

お湯がたぎったらパスタを茹で始めます。1.6mmのパスタの場合茹で時間は9分だと思います。タイマーを8分30秒(つまり正規の茹で時間よりも30秒ほど短く)にセットします。

5

フライパンにオリーブオイルを入れ、火にかける前に刻んだガーリックを入れます。スパチュラでちょっと混ぜてからレンジを点火、中火で炒め始めます。
後でここにパスタを入れるのでフライパンは大きなものを利用してください。

6

ガーリックが焦げると美味しくないのでパスタの茹で時間にあわせて火加減を調整します(蛍火でじっくり炒める感じです)。パスタが茹で上がった時に薄茶色になる位がベストです。

7

ないしは、もし自信がないようでしたら普通に炒め続け、ガーリックが薄く色づき始めたところで火を止める方法でもOKです。この場合はパスタが茹で上がる15秒前位にレンジを再度点火し、弱火で暖めなおしてください。

8

パスタが茹で上がったらすばやくパスタをガーリックオイルの入ったフライパンに移し、手早く数回あおって油をパスタになじませます。制限時間は30秒です。

9

油がなじみにくいようでしたらパスタの茹で汁を少し(20cc x 人数くらい)加えてみて下さい。
茹で汁が乳化するようにフライパンをよく煽るのを忘れずに。

10

8と9の作業を30秒で終らせると茹で時間きっちりでパスタが完成するはずです。
パスタに乳化した油がよく馴染んだらお皿に取り分けます。

11

この上に予め暖めておいたトマトソースをかけて完成です。パスタには塩味を必要以上につけていませんのでソースをかけても塩っぱくはなりません。美味しくいただけます。

コツ・ポイント

ガーリックを焦がさずにローストするのが最大のポイントです。焦げると苦くなるのでよろしくありません。
強火は厳禁、弱火でゆるゆる進めてください。
多少ローストが甘くても問題はありませんが、焦げると取り返しがつきません。
なお、塩加減は控えめに。パスタをオイルと合える時につい塩を振りたくなりますが、そこはぐっと我慢です。塩がきついのも取り返しがつきません。

このレシピの生い立ち

会社の友達と自炊の宿に旅行に行った際、ガーリックコールに煽られて開発したレシピです。そのときはスパゲッティが30秒で消滅しました。ご家庭でも手軽にできるキラーメニューです。
なお、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノの要領で唐辛子を加えても美味です。
レシピID : 493007 公開日 : 08/01/29 更新日 : 08/02/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」