きんかんの甘露煮(土佐市)

きんかんの甘露煮(土佐市)
超簡単!すぐできる!風邪によく効くきんかんの甘露煮。
ヨーグルトのトッピングにもえい!

材料

きんかん
250g
砂糖
100g
大2
醤油
少々

1

写真

きんかんに、縦に5カ所位切れ目を入れる。(切れ目が長すぎると形が崩れるので注意。)

2

写真

へたの部分も少し切り落とす。

3

写真

たっぷりのお湯で5分程煮て水切りし、よく冷ます。

4

写真

切り口から種を取る。(スプーン型のマドラーなどで取ると取りやすい)

5

写真

鍋にきんかんと材料の水を入れて煮る。そして砂糖を2、3回に分けて加える。

6

写真

液が三分の二位になるまで煮つめる。約20〜30分(きんかんが透き通るぐらい)

7

最後に好みで醤油を2〜3滴加え煮て火を止める。

コツ・ポイント

きんかんは12月〜1月の寒い時期にとれるが、じけ(あく)があるのでよくゆがく。
美味しいきんかんは「あこう(赤く)なるばあ濃ゆいががえい。」
甘露煮にする時は、焦げ付かせないよう気をつける。
保存する場合には、ビンに入れ脱気・殺菌する。

このレシピの生い立ち

「土佐の味ふるさとの台所」175ページ掲載。
「風邪がはやったら、ようきんかんが売れる。」この地方では、きんかんを栽培している。「きんかんは風邪の妙薬やき」きんかんを甘く煮ると、生より食べやすく保存もきく。
レシピID : 4949304 公開日 : 18/02/22 更新日 : 18/02/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」