ご飯がすすむ!かぶのつけもん

ご飯がすすむ!かぶのつけもん
「つけもん」とは佐賀で「漬け物」の事。九州らしく、ちょっと甘めの味つけですが、ご飯がいくらでも入っちゃいます!酢が入っていますが、酸味は殆どありません。

材料

かぶ
1〜2個(皮付きで300〜400グラム)
砂糖
80グラム
20グラム
酢(米酢)
20cc
好みで塩昆布、鷹の爪、柚子の皮
適宜

1

かぶは皮付きのままで縦半分に切り、2〜3ミリの薄切りにする。

2

厚手のビニール袋にかぶを入れ、砂糖を入れてよく揉む。

3

砂糖がかぶ全体によくまぶされたら、塩をいれて、また揉む。

4

酢を入れて、かるく混ぜてから好みで塩昆布等を入れる。

5

ビニールの口をよく縛ってから、冷蔵庫にいれて1〜2日漬ける。かなりの水分が出ますが水分は捨てないでくださいね。

6

軽く水分を切ってから召し上がれ!そのまま1週間くらいはもちますが、あまり長く漬けてしまうと味が濃くなってしまいますので、ご注意を。

コツ・ポイント

かぶの他に大根でも美味しくできます。今回はかぶが大きかったので薄切りしてから漬けましたが、小さめのかぶや大根は半分または4等分にしてから漬けても。そのときは3日以上漬けてくださいね。ちょっと甘めの味つけですので、甘いのが苦手な方は砂糖を10〜15グラム減らしてみてください。鷹の爪を入れる時は砂糖は減らさない方が良いと思います。

このレシピの生い立ち

職場の方に教えてもらいました。その方は近所の農家の方から教えてもらったそうです。教えてもらったときは砂糖、塩、酢だけのレシピだったのですが、私は薬味(?)を入れて味のバリエーションを楽しんでいます。ちなみに鷹の爪なら(種を取って)1本分、塩昆布は大さじ1杯くらい、柚子の皮は1/4個分くらい入れています。でも砂糖、塩、酢だけでも充分美味しいです。真っ白で綺麗な「つけもん」が出来ます。
レシピID : 495536 公開日 : 08/01/27 更新日 : 08/01/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」