クリスマスバージョン☆ お菓子の家♪2

クリスマスバージョン☆ お菓子の家♪2
去年よりカラフルなお菓子の家をと思い天然の紅麹色素を購入♪
お菓子の家の型を買ったので簡単に出来るかと思いましたがやはり4日かかりました。

材料

●基本のクッキー生地材料
これを6個
●小麦粉(出来れば国産)
130g
●バター
30g
●砂糖
30g
●卵 M
1個
●抹茶 紫芋粉 ココア
それぞれ 20g
 
◉アイシング用粉糖
約300g
◉レモン果汁
適量
◉煮きりみりん or 卵白
適量
◉アイシングの色
◉クチナシの実 ココア 抹茶 紅麹色素
適量
 
★市販こんぺいんとう
適量
★プリッツェル
適量
★三色かりんとう
適量
★下台 四角のクラッカー
約 一箱弱

1

室温に戻したバターに砂糖を入れ混ぜる。溶き卵を三回に分けて混ぜて、ふるった小麦粉を入れさっくり混ぜラップに包んで冷蔵庫で休ませます。
かなり甘さカロリー控えめクッキー生地です。

2

●はクッキー生地です。プレーン生地が130g×3。抹茶、ココア、紫芋なら小麦粉110gに減らし20gの割合で。生地が柔らかすぎたら小麦粉を足して加減してみて下さい。

3

屋根9×15cm 壁12,5 ×7cm 
三角のドア付き壁左右の高さ7+7(角度135℃)一番高い所の高さ12,5

4

生地を冷蔵庫で約1時間冷やします。ラップで挟んで伸ばします。べたべたして扱いにくいなら打ち粉をしてもいいです。焼く直前に霧吹きで水をかけてから焼くと白くも粉っぽくもならず、綺麗に焼けます。水のかけ過ぎに注意ですが…

5

写真

約5mmに伸ばし170℃で12分焼きます。ツリーは今年はこんな形にしました。ストローで穴をあけて模様を付けてます。機種により異なりますのでうっすら色好き、位が焼き上がりの目安にして下さい。出来たら網に乗せ冷します。

6

粉砂糖にレンジで煮きったみりんと少しのレモン汁を入れ、模様書き用はどろ〜り、の固さ。接着用は歯磨き粉の固さにします。 みりんでなく、卵白でもいいです。ピンクの色素は紅こうじ色素、S&Bのクチナシの実のかけらをレンジでお湯で煮だして使用します

7

写真

タール系色素と違いビビットな鮮明な色は出ませんでした。ポリ袋を反対にし(ビラビラが邪魔になりません)色付けしたアイシングを入れ1ミリカットして模様書きします。

8

写真

ドーナツ型のクッキーに白のアイシング、ピンクのアイシングとアラザン。恐ろしく甘かった!

9

写真

デイジ−の花型に卵白で茎?を付けました。アイシングで点の飾りを。
クリスマスなのにあいません…;後で粉糖を振りました。

10

写真

見づらいですがお月様とお星様のお菓子の池のつもりです。

11

写真

後ろからです。
大きな葉っぱのクッキー型で抹茶生地をくり抜き下をきりココア生地の木を卵白で接着しました。
見えませんが ;

12

写真

上からです。
前のドア付きはクッキングシートの上でドアを切り取ります。星の型で抜き、ストローで穴をあけて飾りにしました。

13

写真

我が家の彼女と記念撮影。
親バカです。お許し下さい…

14

写真

仕上げに粉糖を振ります。余った生地で星のクッキーを大量に作り回りにプリッチェルとバランスよく埋めました。
つららは竹串で。
余った生地を寄せ集め下の台にしてもいいと思います。

コツ・ポイント

体にいい甜菜糖とか使いたいのですが色の関係で断念しました。年に一回位思いっきり砂糖を!のクリスマスでした。ビビット色でないですが生協さんに天然色素のこんぺいとうが売ってます。アイシングに多少失敗しても粉糖で隠せます。最初にデザインしてから作る事をお勧めします。
ヨーグルトの添付の砂糖をミルサーで粉糖にし使ってます。

このレシピの生い立ち

以前は食物アレルギー、今はダニとホコリのアレルギーとアトピーの我が家の彼女の為になるべく無添加のカラフルなお菓子の家をと思って作りました。


レシピID : 496067 公開日 : 08/01/31 更新日 : 13/09/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」