バレンタインに 生チョコ八つ橋

バレンタインに 生チョコ八つ橋
八つ橋の餅生地で生チョコを包みました。和洋折衷な姿と、モチモチとした食感が、なんだか楽しいです。バレンタインにいかがですか。

材料 (作りやすい分量(上手にできると16個くらい))

★生チョコ
大さじ1/2
★八つ橋生地
60g
砂糖
60g
140cc
純ココア
適量(30gくらい)

1

写真

生チョコを作ります。まずチョコレートは細かく包丁で刻みます。できるだけ細かく刻むのがベスト。刻んだものはボールに入れておきます。

2

耐熱ボールに生クリームを入れ、レンジで温めます。じっと見ていて、少し沸騰するくらいが◎。

3

①のチョコレートに、②のクリームを上から注ぎます。しばらく(30秒くらい)待ったら、泡立て器でゆっくり混ぜてチョコレートを溶かします。

4

ブランデーを回し入れ、ゴムべらでさっと混ぜ合わせます。これで生チョコは完成。冷まして少し固めておきます。

5

今度は八つ橋の餅生地作りです。純ココアは台の上に敷いておきます。

6

写真

耐熱のボールに白玉粉と水を入れ、粉の固まりがないように混ぜます。

7

⑥に上新粉または米の粉を加えて、スプーンなどでぐるぐると混ぜます。砂糖も入れてさらに混ぜると、あら不思議、固い生地がトロトロになります。

8

写真

ラップをかけて、600Wのレンジで2分加熱します。一度取り出してぬらしたスプーンでまんべんなく混ぜたら、再度ラップをして1分加熱してもう一度混ぜます。お餅のように粘りが出ればOKです。

9

⑤のココアの台の上に生地をのせます。餅生地の上にきな粉とシナモンの粉をかけながら、麺棒で薄くのばします。できるだけ四角になるように伸ばすと、切るときに無駄が少ないです。

10

正方形に包丁で切って、④のチョコを中央にのせ三角形になるように包めば完成です。今回は、手を組んで抱っこしているような感じに、端と端をくっつけて見ました。

11

ココアをふってお化粧したら完成。

コツ・ポイント

打ち粉のココアをけちると、麺棒にも台にもくっついて大変なことになります。

このレシピの生い立ち

バレンタインに
レシピID : 498394 公開日 : 08/02/03 更新日 : 16/02/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (3人)

15/02/22

写真

チョコが溢れて不恰好ですが、美味しくいただきました(´︶`)♡

a・y・a

おいしく食べていただけよかったです。きれいにできてますよ♬♪

14/03/13

写真

バレンタインで作りました!“これは売れる!”と全員から大好評♡♡

シェリさん

皆さんに好評で嬉しいです。ありがとうございます(*'▽'*)

08/03/16

First tsukurepo mark
写真

家で八つ橋作れるとは作って驚き!親戚の子のリクエストで作りました

lass

ありがとうございます。レシピに普通のもあるから作ってみてね。