*タッコギビビンバ*韓国風おうちご飯

*タッコギビビンバ*韓国風おうちご飯
タッハンマリのつけだれが美味しいけど、「生にら」がなかなかないので何かでアレンジしてみよう!と作っていたところ、こんなになりました(笑)。簡単に韓国風が楽しめますよ♪

材料 (1人分)

鶏ひき肉
100g
少々
小さじ1-2
大さじ1弱
◎酢
大さじ1
水菜
1/3杷
1個
あつあつご飯
お茶碗1膳(軽め)
韓国のり
適宜
白ごま
少々
★オプション
とろけるチーズ
1枚
白菜キムチ
お好きなら
コチュカル(粉唐辛子)
お好きなら

1

水菜はよく洗って、水気を切り、3-4センチに切っておく。◎の調味料をあわせておく。韓国のりは細かくちぎる(お好みサイズで)

2

フライパンにごま油をひき、鶏ひき肉を炒める、火が通ったら◎を加えて、しっかり目の味をつける、そこに、水菜の半量を加える。すぐにしんなりしてくるので鶏ひき肉と和えて、味をなじませる。

3

写真

お皿にとって、この段階で終了もOK。お酒のおつまみ♪に。

4

フライパンに卵を割りいれ、目玉焼きを作る(おすすめは半熟やわらかめ)。焼き加減はお好みで。※2で炒めた鶏肉と水菜の上に卵を乗せて、ポパイエッグ風に蓋をして蒸し焼きもいけますよ♪

5

お椀(皿)にご飯を盛り、好きな方はチーズをのせる。その上に残りの水菜(生)を並べ、さらに2で出来上がったタッコギ(鶏肉+水菜)を乗せて、目玉焼きを最後に乗せる。韓国のりと白ごまをふりかけてできあがり♪

6

お好きな方は、ご飯、キムチ、チーズ、水菜、タッコギ、目玉焼きとしてもおいしいです。コチュカルを混ぜて作れば激辛系のできあがり。食べるときにはスッカラ、チョッカラ(スプーンやおはし)を使って、ガッツリ混ぜてからどうぞ。

コツ・ポイント

だし醤油がなければ、普通の醤油でもいいですが、入れすぎないように。鶏ささみの細切りでも美味しくできます。韓国のりがなければ、日本ののりで代用も可。コチュカル(韓国産)は少し甘みのある粉唐辛子ですので、日本の一味だとからすぎるかもしれませんので、お好みで調整してください。

このレシピの生い立ち

すっかり韓国モードが爆裂してて、タッハンマリを作りたいけど、生にらがない。日本の水菜が安かったので、アレンジしてみよう!と作ってみたら、どんどん進化してしまったわけで。。。実際に韓国でメジャーな丼ではございませんので、あしからず。タッコギ=鶏肉、ビビンバ(ピビmパッ)=混ぜご飯、なのでタイトルには間違いないんですけど、あくまで「さや流」です。
レシピID : 498487 公開日 : 08/02/01 更新日 : 08/02/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」