切ってビックリ野菜のミルフィーユ巻フライ

切ってビックリ野菜のミルフィーユ巻フライ
見た目も鮮やかで、野菜嫌いな子どもでもパクパク食べられます。

材料 (1人分)

豚肉(薄切り)
60g
フレッシュ
1個
バター
5~10g
ほうれん草【東三河特産品】
25g
かぼちゃ
25g
じゃがいも
25g
1個
ミニトマト
1個
適量
小麦粉
適量
塩、コショウ
適量
 
付け合わせ
キャベツ
2枚
 
タレ
味噌
大さじ1
中濃ソース
大さじ1
ケチャップ
大さじ1
砂糖
大さじ1/4
白ごま
適量

1

今回は、東三河特産品として「ほうれん草」を使用します。

2

ほうれん草を塩ゆでする。(少し固めが良い)

3

肉に塩、コショウをしてほうれん草をはさみ、ミルフィーユ状にし、巻いて衣をつけて180度の油で揚げる。

4

じゃがいもを茹でてこし、バター、塩、コショウ、フレッシュを入れ加熱する。

5

4を冷ました後、ミニトマトを中に包み、衣をつけ180度の油で揚げる(しっかり包まないと揚げた時に破裂するので注意)。

6

かぼちゃを茹でてこし、肉にぬり、ミルフィーユ状にし、巻いて衣をつけて180度の油で揚げる。

コツ・ポイント

3種類別々の色合いの断面になり、見た目にもとてもきれいです。付け合せはコールスローサラダや大根おろしなどにしてもおいしくいただけます。

このレシピの生い立ち

平成28年度農村輝きネット・あつみ料理コンテストの料理の部で奨励賞を獲得したレシピです。
レシピID : 4989550 公開日 : 18/03/28 更新日 : 18/03/28

このレシピの作者

東三河ってどこ?そんな疑問を持つ人も多いかもしれません。
東三河は、愛知県東部に位置する8市町村(豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村)から成る地域で、農業がとても盛んな地域です。
東三河県庁は、そんな東三河地域の振興を担うために設置された愛知県庁の組織です。
東三河の食の魅力をぎゅっと詰め込んだレシピを、私たち東三河県庁が発信していきますので、ぜひのぞいてみてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」