サーロインのビーフカツ(ブランド牛想定)

サーロインのビーフカツ(ブランド牛想定)
サーロインの食べ比べです。
ビフテキに飽きたらビーフカツを。
しかし、肉の内部は生じゃ無いといや。

材料 (1人分)

サーロイン
80g前後
塩胡椒
少々
卵(L)
1個
小麦粉(薄力粉)
少々

作り方

1

写真

茨城産のサーロイン。
何度も何度も失敗。
油温を160℃に上げ、表40秒、裏40秒。

2

写真

小麦粉→卵→小麦粉→卵→パン粉。
バッター液は、卵と小麦粉を混ぜる時に水を使うので小麦粉が薄くなり不満。

3

写真

指でつかんだ所の衣が剥げた。
ただ、揚げるとき前回30秒でカツをひっくり返す時は、衣が剥がれそうになりひやっとした。

4

写真

切ってみるとまずまずの出来。
特に前回の白っぽい衣と違って美味しかった。

5

写真

茨城産のサーロイン。
1枚は大きすぎるので半分。
これの前に油温180℃。
表1分、裏30秒でも中に火が通った。


6

写真

今回は、油温を150℃。
表30秒、裏30秒で揚げた。

7

写真

初めて中が生。
但し、衣が白っぽい。
感想は、衣が美味しく無かった。
キツネ色じゃ無いとダメ。

8

写真

山形産のサーロイン。
素人には衣をつけるのは無理そうだが、記念に一度やってみる。

9

写真

トンカツでも何でも最初の小麦粉は袋を使います。
その方が簡単に360度粉をつけることが出来る。

10

写真

肉が大きいので、卵2個です。
小麦粉(袋)→卵→小麦粉(皿)→卵→パン粉。
パン粉に馴染ませるために5分置きます。

11

写真

大きすぎて普通の鍋に入らない。
急遽、蒸し器の下を使って揚げることに。

12

写真

サーロインステーキと比べると端から端までに。

13

写真

トンカツと同じ表2分、裏1分30秒では長すぎました。
油温180℃。
中が生じゃない。

コツ・ポイント

衣が剥がれないこと、衣に色がつくことが大事なので、サーロインと比べると火が通るが、許せる範囲だと思う。
最低1分は衣が剥がれるのでひっくり返さないことと言われているが、40秒でも30秒と違い衣の結びつきは良かった。

このレシピの生い立ち

サーロインステーキを作ったので、今度はサーロインのビーフカツを作りたくなっただけです。
レシピID : 4996910 公開日 : 18/03/24 更新日 : 18/03/24

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」