【メモ】春の野草・野菜の天ぷら 追記有

【メモ】春の野草・野菜の天ぷら 追記有

Description

春の野草をてんぷらにするのがたのしいです。名前に★があるのはとてもおいしい。

覚え書きのため常に追記…

材料

食べれる野草
たべるぶん
食べれる野菜
たべるぶん
 
天ぷら粉
適量
適量

作り方

1

写真

【名

【切

【衣

【揚

【感

2

【野草・野菜の名前】

【切り方】

【衣の濃さ】

【揚げ方】

【感想】

3

水にさらして虫やゴミをとる。
本当に食べれるかよく確認する。

4

薄い物は衣も薄く揚げ過ぎないように。コゲる。
打ち粉適宜
油に入れた後一度はひっくり返すこと。

5

厚い物は打ち粉して衣がはがれ無いようにする。
しっかり火が入るように低~中温で揚げて、最後に数秒高温にするイメージ。

6

(食べられる)野草。

似た毒草もあるのでよく気をつけること。

7

【名
ふきのとう タラの芽
【衣
濃いめ
【揚
衣をひとつずつではなく衣のボールなどに全部いれて油の中でばらけさせると楽

8

【名】
桜の花
【切】
なし
【衣】
薄め
【揚】
短め
【感想】
苦い。すごくにがい。まずい。花びらは平気。

9

【名】
桜の葉 新芽
【切】
なし
【衣】
薄め
【揚】
短め
【感】
苦い。すごくにがい。まずい。

10

【名】
★柿の新芽
【切】
なし
【衣】
通常~濃い
【揚】
通常
【感想】
タラの芽みたいでおいしい

11

【名】
ヨモギ
【切】
なし
【衣】
薄め
【揚】
短め
【感】
若いと香り薄い。
育つと苦みと香り強い。

12

【名】
細アスパラ(2年目
【衣】
通常
【揚】
短くそろえてかき揚げのように
筋があるときは小口切りでかき揚げ

13

【名
★カラスノエンドウの実
【切
筋取り
【衣
通常
【揚
まとめてかき揚げかひとつずつ。
毒のハマエンドウに注意

14

【名
カラスノエンドウ先端の若い芽
【切

【衣
薄め~通常
【揚
かきあげかひとつずつ。スパゲッティでもおいしかった

15

【名
生筍(破片、先端
【切
繊維を断つと柔らかい。沿うと歯触り
【衣
通常
【揚
煮てからでもおいしい

16

【名】
筍(姫皮
【切】
千切り
【衣】
通常
【揚】
かき揚げ

17

【名
茶の新芽や古芽
【揚
若芽は薄くさっと。古芽はゆっくりしっかり。衣が厚いともちもちで砂糖ふってもいい

18

【名
つくし(スギナの芽
【切
茶色い袴をとる
【衣
薄め
【揚
わりと苦い…
【感

19

以下 野菜

あいうえお順。

20

【名】
★いんげん
【切】
短くそろえる
【衣】
通常~濃い
【揚】
2,3本まとめて揚げる。

21

【名】
うど
【切】
千切りや斜めそぎぎり
【衣】

【揚】
通常
葉のあたりもタラの芽のようでおいしい

22

【名】
大葉
【切】
千切り
【衣】
通常
【揚】
散らして少ししてからまとめる
早いと中心に水分のこる

23

24

【名
絹さや
【切
千切りや半分
【衣
薄め
【揚
千切りのかき揚げもおいしい

25

【名】
キノコ類
【切・衣】
適当
【揚】
揚げすぎると余分な油を吸うので気をつける。よく油を切る
【感】
エリンギ乱切

26

【名】
キャベツ
【切】
千切り
【衣】
通常
【揚】
春は水分が多い。かき揚げ。紅ショウガともおいしい

27

【名】
グリーンピース
【切】
なし
【衣】
薄~通常
【揚】
かきあげ。コーンと一緒でもおいしい

28

【名】
ゴボウ・新ゴボウ
【切】
千六本か乱切り
【衣】
薄~濃
【揚】
カリッと揚げる
かき揚げかひとつずつ

29

30

【山菜】コゴミ、ワラビ、ゼンマイ、コシアブラ、イタドリ等
【揚
繊維を断つなどして揚げる
あく抜きなしでも平気。

31

【名
古生姜★新生姜
【切
古は千切
【揚
古はかき揚げ
新は豚肉を巻いたり斜め切りやそのまま食用部に衣漬けして揚げる

32

【名】
じゃがいも
【切】
千切りか半月
【衣】

【揚】
通常
【感】
天ぷらっぽくない。

33

【名】
スナックエンドウ
【切】
筋取り
【衣】
通常
【揚】
短め
【感】
おいしい

34

【名】
せり
【切】
ザク
【衣】
薄め
【揚】
短め。パクチーもセリみたいなもん…?

35

【名
セロリの葉
【切
繊維を断つ千切り
【衣
薄め
【揚
かき揚げ
【感
苦め、あんまり…

36

【名】
そらまめ
【切】
なし
【衣】

【揚】
かきあげかひとつずつ。生は足が早い。薄皮を剥いても○

37

38

【名】

【切】
適当
【衣】
通常~濃い
【揚】
水煮してからゆでる。煮てからでもおいしい

39

【名】
たまねぎ
【切】
串か串でバラす
【衣】
通常
【揚】
ようじをさして揚げるか、短冊にしてばらばら揚げかかきあげ

40

41

【名
菜の花
【衣
薄~濃
【揚
花はさっと。茎葉は筋断ちか柔らかいところを使い、薄~濃で。若いと香りも薄いが柔らかい。

42

【名】
★なす
【切】
乱切り
【衣】
薄~濃
【揚】
カリッと揚げる。
衣はがれやすいから皮を全剥きか打粉しっかりする

43

【名】
ながいも
【切】
乱切り
【衣】
厚め
【揚】
短めでざくざく
長めでほっくり
皮はコンロであぶるだけか剥く。

44

【名】
ながいも(むかご
【切】
なし
【衣】

【揚】
かきあげかひとつずつ。
【感】

45

【名
★にんにく
【切
つまようじで芯に穴を開けて破裂防止
【衣

【揚
ゆっくりしっかり火を通して、最後にカリッと

46

47

【名
ふき
【切
小口切り
【衣
薄め
【揚
かきあげにする。
下ゆで等はとくになし

48

【名】
ブロッコリー
【切】
縦に切ったり
【衣】
厚め
【揚】
通常
【感】
茎もかきあげでおいしい。フリッター感

49

50

や・ら・他★

51

半熟卵天
沸騰した湯に冷蔵庫からだした卵をいれて7分。ヒビ入れして氷水につけて5分冷。殻を剥いて打ち粉して濃衣で揚げる。

52

ひじきの煮物のかき揚げがおいしい。
水気を切った煮物に濃い衣を混ぜて落とし揚げする。天ぷら粉をそのまま混ぜてかきあげもO

53

コツ・ポイント

柿の木は血圧を下げるようですが食べ過ぎたらなんでも毒です。気をつける。

苦みはポリフェノール類でしょうとのことですが、油と合わせることで苦みが緩和される。
春の野草は体にいいけど揚げ物なので、食べ過ぎに気をつける。

このレシピの生い立ち

毎年、カキの木の新芽を天ぷらにして、適当に野草もてんぷらにしてたけど、今年は桜の木にも挑戦。

したらすごくまずかったので。
ものすごくまずかったのでメモに残すことに。
調べても苦みが何の成分かわからなかったので大丈夫だったのか謎…
レシピID : 5012084 公開日 : 18/04/03 更新日 : 19/01/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」