第18の隷使緋:ナマハムスシエル

第18の隷使緋:ナマハムスシエル
寿司は寿司屋が定説だが、老舗の江戸前の頑固職人は絶対に使わないであろう生ハムをあえて寿司に。これが一生魚貝抜きでもよいほど絶品に。最強の東西融合。

材料 (2人分)

生ハム
12枚
1.5合
だし昆布
1枚
大さじ1.5
 
180cc
砂糖
150g
40g

1

【私には寿司酢しかないもの】酢・砂糖・塩を合わせ、ひたすらかき混ぜる。ざらつきがなくなってきたら、冷蔵庫に入れ、半日寝かし砂糖を溶かす。(時間のない者は湯煎でもすべし)

2

【私には米しか炊けないもの】研いだ米に、水とだし昆布と酒を入れ、これも半日寝かす。炊き始め、炊飯器から湯気が立ち上ったら、釜を開け、昆布を取り出し速攻閉じる。

3

【私には酢飯しかないもの】炊き上がった米は粗熱をとり、寿司酢、1号につき大さじ4をかけ、うちわで扇ぎながら、切るように混ぜる。この時期は一旦外に出すのも手。

4

【私には寿司しか握れないもの】お椀に水を入れ、 右手の中指と薬指に水をつけ、 手のひらをなぜる。その手でご飯を一握り掴み、握り寿司の形に成型していく。形になったら生ハムでくるむ。

コツ・ポイント

寿司酢は2007年度ベスト配合を使用。初めての人は砂糖の多さに心折れそうになると思われ、飯と馴染まないうちは甘過ぎに感じるが、これでよい。寿司がサイズの割りに高カロリーなのはこのため。キャラメルハニーシフォンクリームパフェなどよりも砂糖を使うのだ。生ハムはモノによって相性のよしあしがある。探されたし。

このレシピの生い立ち

昔研究した
レシピID : 501227 公開日 : 08/02/05 更新日 : 08/03/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

09/11/04

First tsukurepo mark
写真

ひぇぇめちゃめちゃおいしかったです!!恐れ入りました

はる豆しば♪

ひぇぇありがとうございます!「ひぇぇ」いいっすねwパクリます