簡単!ぶりの卵で自家製からすみの作り方

簡単!ぶりの卵で自家製からすみの作り方

Description

塩して干す、酒に漬ける、干すだけでできます。

材料

ぶりの卵
1腹
大さじ4
1カップ

作り方

1

写真

本からすみはボラの卵巣ですが、今回は今の時期しか取れないぶりの卵を使いました。鯛、平目、すずきなどでも。

2

写真

血管に残った血を絞り出す。
血管に針や楊枝で穴を開け圧迫する事により血を出していく。多少面倒だか重要作業。

3

写真

水気をよく取り塩をまぶす。卵が見えなくなる程度。

4

写真

重しをして水気を出していく。最初の数時間はもの凄い水分がでます。水気を吸ったペーパーは交換する。

5

写真

日中は天日に干す。夜は重しをして冷蔵庫。これを繰り返す。
冷蔵庫干しだけなら2週間くらいで良いと思います。

6

写真

水分が無くなったら2〜3日酒に漬ける。

7

写真

水分が出なくなれば完成。

8

写真

軽く炙ってスライスして。きゅうりやチーズなどと一緒にどうぞ。

コツ・ポイント

血抜きの作業をしっかり行うこと。海水程度の塩水の中でやってもよいと思います。脱水時の重しは中身の入った缶ビール位が良いようです。冷蔵庫干しだと2週間くらい、天日干しできれば干しの日数は縮まります。水分が抜けてくるとかなり縮まります。

このレシピの生い立ち

春先はぶりだけでなく色々な魚が卵を持ちはじめます。煮て食べる事も多いのですがからすみもよく作ります。簡単だしよいつまみになります。
レシピID : 5016277 公開日 : 18/04/13 更新日 : 18/05/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

2020/06/02

写真

ちょっと癖のある羊のチーズと相性抜群でした。安いブリの卵でこんなに美味しいものが出来るんだと感激しきりです❣️

クック9ZXXYT☆

2018/05/13

First tsukurepo mark
写真

出来たのかな?何日位干すとか書いて頂けると嬉しいです!

ム〜太郎

天日干しの場合と、冷蔵庫干しだと干し上がる時間が違いますね。