竹の子、ふきと蓮根の春野菜の香り寿司

竹の子、ふきと蓮根の春野菜の香り寿司

Description

春の代表野菜、竹の子、ふき、蓮根を使った簡単に作れる竹の子寿司です。あっさりとした味の中に春の香が口一杯に広がります。

材料 (3人分)

寿司めし
米2カップ分
A ふき
12本
A あご出汁(500ccの水で希釈)
1袋
A 水
300cc
B水煮竹の子
穂先1本分
B昆布白だし
大さじ2
C蓮根
1個(小)
C寿司酢
大さじ2~3
D竹の子
穂先1本分
D昆布白出汁
大さじ2
炒り卵
卵2個
三つ葉
1把

作り方

1

写真

ふきは葉の部分を切り、同じ長さの3等分に切る。

2

写真

2リットルの沸騰した湯の中に塩大さじ1を加え、①のふきを入れて8分で茹でる。

3

写真

茹でたら冷水に取り、皮を剥く。画像参考に。剥いたら再び冷水の中につけておく。

4

写真

Aの水を沸騰させあご出汁を加え弱火5分で煮出す。そのまま人肌に冷ましたら③のふきを水分を取り、あご出汁に漬けこむ。

5

写真

Bの蓮根は皮を剥いて1~2ミリ幅の輪切りに切る。沸騰した湯の中に塩少々を入れて1分程茹でる。茹でたら寿司酢をまぶす。

6

写真

Cの炒り卵は卵をボウルに割り入れ、塩少々を加えて中火のフライパンにサラダ油を引いて炒り卵を作る。

7

写真

写真のようにポロポロになればOK.

8

竹の子の穂先の柔らかい部分を切り、半分に切って画像の様に縦長に切る。沸騰した湯の中にくぐらせ昆布白出汁をふりかけておく。

9

Aのふきは5ミリ幅に細かく刻む。Bの蓮根は6等分に切る。

10

写真

用意した寿司めしの中に刻んだ三つ葉も入れてAの刻んだふき、Bの蓮根を混ぜ、表面を調え竹の子、炒り卵をのせたら完成。

コツ・ポイント

ふきは食感が残るように茹でる。
冷めてからだし汁に漬ける事が彩よく出来ます。
酢飯は自家製でも市販品のものを使って作っても良いです。

このレシピの生い立ち

寿司が好きな我が家では、混ぜ寿司が大好き。でも、野菜だけで作ってみたくなり、春野菜の香りを愉しもうと思いついたのがこのレシピです。
レシピID : 5023890 公開日 : 18/04/11 更新日 : 18/04/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」