八方だし漬け野菜

八方だし漬け野菜
簡単!おいしい!常備菜
普段忙しい方でも、週末に作り置きすることで、いつでも簡単においしい野菜を食べることができます。

材料 (12人分)

花菜
200g(1/2パック)
大黒本しめじ
6本
にんじん
2本
さといも
大4個
小松菜
6株
八方だしの素
300ml
2100ml

1

八方だしについては、こちらを確認ください。
https://cookpad.com/recipe/5025884

2

水で希釈した八方だしを、一度沸騰させてから冷ます。(好みで水の量は加減してよい)

3

野菜を洗い、にんじん、さといもは皮をむいて適当な大きさに、大黒本しめじは縦半分に切る。

4

写真

根菜類は串が刺さる程度まで、花菜、小松菜、大黒本しめじは、程よい触感が残る程度まで茹でる。

5

茹でた野菜はザルにあけて冷水で冷まし、しっかりと水を切っておく。

6

写真

液漏れしない容器に八方だしを移し、茹でた野菜類を入れて冷蔵庫に一晩置く。

7

写真

必要に応じて適当な大きさに切り、皿に盛りつけて出来上がり。

8

写真

漬け込んだ野菜、漬け汁と、お肉や油揚げ、てんぷら(さつま揚げ)など油分のある食材と一緒に炊くと、味が深くなる。

コツ・ポイント

野菜を浸けた八方だしには、その野菜の旨みが染み出します。味が混ざらない方が良い方は、野菜の種類ごとに保存容器を分けることをお勧めします。使用後、残った浸け汁は、汁物、茶わん蒸し、炊き込みご飯などに活用できます。

このレシピの生い立ち

【旬の京野菜提供店】認定店「和味りん(新宿区)」の板長 芳賀さんから教えていただきました。漬けた野菜を、動物性の食材とともにもう一度鍋で炊くことで、また変わった味を楽しむことができます。
レシピID : 5025952 公開日 : 18/04/18 更新日 : 18/04/19

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」