よもぎのシフォンケーキ

よもぎのシフォンケーキ

Description

生のよもぎを使って、材料も道具も工程も最小限で、シンプルなシフォンを作りました。

材料 (シフォンケーキ21㎝型)

よもぎ(茹でて固く絞ったもの)
60gぐらいまでなら、お好みの量でOK
100cc
150g
薄力粉
150g
サラダ油
80cc(72g)
卵白(L)
8個(約300g)
5個(約100g)

作り方

1

作り方を頭に叩き込みます。
シフォンはスピード勝負。

材料を準備します。
卵は冷蔵庫から、まだ出さないでください。

2

写真

よもぎ(写真は60g)は、分量の水100ccと一緒にフードプロセッサーにかけて、ピューレ状にします。

3

写真

上白糖は、まず30gをボール(卵黄用)に入れて計ります。
残り150gはメレンゲに使うので、別の器に用意してください。

4

写真

サラダ油(80cc(72g))は、太白胡麻油を使うと、しっとりふんわり仕上がるので愛用。
細い口の容器で計ってください。

5

写真

薄力粉(150g)は、器に乗せた粉ふるいの中で計ると楽です。
ふるっておきます。

6

写真

卵を冷蔵庫から出し、割ります。
卵白8個は大きめのボールに。
卵黄5個は砂糖を計ったボールに投入します。

7

卵白は約300g計りながら卵を割ると、卵のサイズは何でも使えるようになります。
卵黄はサイズを問わず5個の固定です。

8

オーブンをセット。
200℃で余熱を始めます。
実際に焼く時は180℃余熱なしに設定し直すので、時間は適当でオッケー!

9

卵白に上白糖を約3分の1加え、ハンドミキサー。
その後、2回に分けて残りの上白糖を入れ、メレンゲを作ります。

10

次に卵黄に取りかかりますが、室温が暖かいときはメレンゲのボールは冷蔵庫に入れてください。

11

写真

ハンドミキサーで上白糖と卵黄をしっかり混ぜたら、サラダ油を細く少しずつ入れながら、さらに混ぜて乳化させます。

12

写真

よもぎピューレ投入。
さらに混ぜます。

13

写真

薄力粉を入れてハンドミキサー。
固さは、ホットケーキの生地くらいを目安にします。

14

写真

13にメレンゲを3分の1程度投入。
泡が消えても良いので、しっかりヘラで混ぜます。

15

写真

14にメレンゲ3分の1をさらに投入。
泡をあまり潰さないよう意識して、ヘラで混ぜます。

16

写真

メレンゲを作ったボールに15を入れて、ヘラでムラがないように混ぜます。
混ぜ不足だと、空洞ができてしまうので注意。

17

作業の途中に余熱が完了しても、オーブン内をしっかり温めてることが大事なので、焦らない!

18

写真

シフォンケーキの型に16を流し込みます。

19

オーブンに18を入れて扉を閉め、取り消しボタン、ポチっ。
すぐに、余熱なし180℃45分にセットし直して、焼きスタート!

20

写真

日により焼き時間は変化します。
残り時間10分から、様子を見て止めます。
目安は最大限にふくらんでから、少ししぼんだ頃。

21

焼く時間が短いと、出来上がったシフォンが沈んでしまいますので、しっかりと焼いてください。

22

写真

焼き上がったら、熱いうちにひっくり返して、しっかり冷まします。

23

写真

よもぎが入っているので、プレーンより若干ふくらみが少ないですが、それでもふわふわ出来上がりです♪

24

よもぎは大量に採ったときに、茹でて固く絞り、50gほどに丸めて冷凍保存しておくと便利です。

25

ケーキのカットは、パン用包丁だと綺麗に切れます。100均のものを使用していますが、優秀です。

コツ・ポイント

メレンゲのふわふわが命。流れをしっかり覚えて、スピーディーに作業をします。

このレシピの生い立ち

生のよもぎを使った、美味しいシフォンケーキを作りたい!食べたい!と、改良を重ねて完成しました。
レシピID : 5028191 公開日 : 18/04/20 更新日 : 19/03/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」