五目ちらし(混ぜご飯)母伝承の甘めの具

五目ちらし(混ぜご飯)母伝承の甘めの具

Description

お祝い行事の御飯と言えばコレ!です。
具たっぷりの五目ちらし(混ぜご飯)で我が家の定番です!

材料 (米八合分)

人参
中1本
れんこん
12,3cmくらいの1つ
たけのこ水煮
半割くらいの1パック
油揚
手上げ風のもの2枚
干し椎茸
直径3,4cmのもの10個くらい
大さじ1
大さじ3
砂糖
大さじ山盛りで6,7くらい
醤油
大さじ4,5くらい
酢飯
八合
錦糸玉子
お好みの量
刻み海苔
お好みの量
紅生姜
お好みで
小さじ2

作り方

1

干し椎茸を戻す。
50℃位のお湯をボウルに入れ小さじ山盛り1杯の砂糖を溶かし干し椎茸を入れる。ラップをかけて1時間放置。

2

人参→細い短冊
れんこん→薄いいちょう切り
たけのこ水煮→薄いいちょう切り
油揚→味噌汁用より少し細く切る

3

干し椎茸→軸をとって薄切り(戻し汁は煮汁で使います)

4

人参以外を鍋に入れ、干椎茸の戻し汁を入れる。ひたひたぐらいの煮汁が欲しいので戻し汁が足りなかったら水を足してください。

5

鍋を強火にかけて沸いたら中火にし灰汁を取りながら5分くらい煮て、酒・みりん・砂糖・ほんだしを入れる。
中火で10分煮る。

6

干し椎茸によって甘みが違うのでここで一旦味見。少し甘みがくどいかな?ぐらいの甘みに調整(甘味はお好みでOK)

7

甘みが決まったら、醤油で味を整えます。薄味派の方は控えめに濃いくち甘辛派の方は醤油を多めに加減してみて下さい。

8

全ての味が決まったら、最後に人参を入れて(綺麗な色を残すため最後に入れます)ときおり混ぜながら5,6分煮て火を止めます。

9

煮上がった具材の粗熱がとれたら、酢飯に混ぜ込みます。
錦糸玉子、刻み海苔をかけて頂きます。お好みで紅生姜を添えても。

コツ・ポイント

混ぜ込む時に煮汁も一緒に入れて下さい。量にして、おたま3,4杯くらいです。なのでご飯を炊く際の水の量もだいぶ減らします。今回は8合なので7,2とか7,3くらいの水で炊いています。

このレシピの生い立ち

母から受け継がれた味で夫も子ども達も大好きな味です。
材料を切るのに時間が掛かりますが、その他は手間なしです。具が余った場合は冷凍保存も可能です。
甘め、しょっぱめ、好みの味に作れるし経済的!我が家は五目ちらしの素を買ったことが無いです。
レシピID : 5030690 公開日 : 18/04/15 更新日 : 18/11/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」