簡単すぎる!旨味しみ込む いかめし

簡単すぎる!旨味しみ込む いかめし
いかめし史上、もっとも簡単!?
いかの柔らかさに感動です♪

材料 (1〜2人分)

するめいか
1杯(約200gのものを使用)
炊いたご飯
100g(お茶碗半分より少し多いくらい)
 
調味料
しょうゆ
大さじ1
砂糖
小さじ1

作り方

1

写真

BONIQを65℃ 30分にセットする。

2

写真

いかは軟骨に沿ってワタを引きはがし、足をひっぱりながらワタを引き抜く。

3

さらに胴に指を入れて、軟骨を引き抜く(ワタと足は他の料理に!)
胴を洗い、キッチンペーパーで水気を拭く。

4

手を水で濡らし、ご飯をころころと小さなおにぎりを作るようにして丸めながら、いかの胴にしっかり詰める。

5

写真

ご飯が出てこないように胴の口の部分を爪楊枝でとめる。この時、尖った方がいかの胴の中で終わるように刺し、バッグ破れを防ぐ。

6

写真

5.のいかと、調味料をフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて密封する。

7

写真

設定温度に到達したBONIQの湯せんにフリーザーバッグを入れ、低温調理をする。

8

写真

BONIQの終了タイマーが鳴ったら、フリーザーバッグを取り出してそのまま冷まし、いかに味を含ませる。

9

8.の時、すぐに食べない場合は、粗熱が取れてから、冷蔵庫へ。

10

食べる際は再度湯せんでフリーザーバッグごと温め、濡らした包丁で刃全体を滑らせるようにしていかを輪切りにする。

11

写真

皿に盛り付け、フリーザーバッグに残った煮汁を上からかけたら、出来上がり。

コツ・ポイント

簡単に、そして、65℃の低温でいかを柔らかく仕上げるため、今回炊いた白米を使いました。
冷やご飯の場合は冷たすぎると固く扱いにくいので、レンジで温めてからご使用ください。
また、切った時などにご飯が出てこないようみっちり胴に詰めてください。

このレシピの生い立ち

このレシピは、少ない煮汁で1杯からでも簡単に作ることができるので、とても便利です♪
おそらく、これ以上簡単に作ることができる美味しいいかめしは存在しないのではないでしょうか!?
おつまみやお弁当にもぜひ活用してくださいね。
レシピID : 5032706 公開日 : 18/04/16 更新日 : 18/04/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

18/05/26

First tsukurepo mark
写真

母の日にもらったBONIQで初のイカめしです

ひぃ1110

わぁ、とても嬉しいです^^たくさん作ってくださいませ!!