そら豆とタコのヨーグルト味噌マヨ和え

そら豆とタコのヨーグルト味噌マヨ和え
野菜ソムリエ考案レシピ。そら豆の旬は5月~6月の限られた時期です。そら豆の甘みを引き立て少し酸味のある和え物です

材料 (4人分)

そら豆
8本
茹でタコの足
小1本
<ヨーグルト味噌>
・ヨーグルト(無糖)
大さじ1
・味噌
小さじ1/2
・マヨネーズ
小さじ1/2

1

そら豆はさやから出し、黒い筋の部分の反対側に切り込みを入れます。

2

写真

塩を加えた熱湯で茹で、冷水に取ります。切り込みの部分の皮をめくり、押し出すように実を取り出します。

3

写真

茹でタコは足の先の部分を切り落とし、斜め薄切りにします。

4

ボウルでヨーグルト味噌の材料を混ぜ合わせ、2のそら豆と3のタコを和え、器に盛ります。

コツ・ポイント

そら豆の内側の皮に切り込みを入れて茹でると、皮が簡単にむけます。茹で過ぎに注意をしてください。茹で過ぎると実が崩れやすくなります。タコの足先には菌が付いている場合があるので、切り落としましょう。エビやホタテでも美味しいです。

このレシピの生い立ち

和食では”そら豆の黄身酢和え”がよくありますが、黄身酢は作り方が難しいですね。黄身酢のように酸味がありトロリとしてもっと簡単にできる和え衣をと考え、マヨネーズ入りのヨーグルト味噌で和えました。野菜ソムリエ<鳥越よし子>考案レシピ
レシピID : 5046835 公開日 : 18/05/23 更新日 : 18/05/23

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」