取り扱い注意!板チョコ箱と生チョコタルト

取り扱い注意!板チョコ箱と生チョコタルト
板チョコが好きな父へのプレゼントです。
生チョコタルトは簡単でおいしくできました。
(味見済み)

材料 (プチタルトケース12ぐらい)

明治ミルクチョコレート
2枚
明治リッチストロベリーチョコレート
1枚(45g)
90cc
無塩バター
8g
プチタルトケース(市販)
12個ぐらい
チョコペン(接着用)
1本

1

写真

板チョコ箱を作る。明治ミルクチョコレートの1枚を温めた包丁で、写真のようにカットする。必要なのは左の6枚です。一度、冷蔵庫で冷やし、切り口を固める。切り分けたパーツの側面をできるだけ平らになるように、ぺティナイフなどで削る。

2

写真

きれいな4枚を選び、チョコペンで接着し、四角い枠を作る。
残りの明治ミルクチョコレートの上にのせ、底の部分の大きさに印をつける。

3

写真

印のところを、温めた包丁で、カットする。2で作った枠と底をチョコペンで接着する。

4

生チョコタルトを作る。明治ミルクチョコレート45g(板チョコ箱の残りを使用)と明治リッチストロベリーチョコレート45gを細かく刻んでおく。

5

写真


2種類のガナッシュを作る。
鍋に生クリーム45ccと無塩バター4gを入れて火にかける。沸いてきたら、火を止め、4で刻んだ明治ミルクチョコレートを加えて混ぜ、チョコレートを溶かす。リッチーストロベリーも同様にガナッシュにする。

6

写真

スプーンや絞り袋を使って、タルトケースにガナッシュを流し込む。冷蔵庫で冷やし固める。
マーブル模様はミルクとストロベリーを少しずつ2箇所ぐらいに流し、竹串などでぐるっとひと混ぜさせる。

コツ・ポイント

板チョコをカットするときは、力を入れないほうが良いです。力を入れると割れてしまいます。必ず包丁は温めてください。
板チョコを接着した後は完全に固まるまでは触らない方が良いです。
非常に壊れやすいです。
ストロベリーガナッシュは最後のほうに分離し始めてしまいました。
手早く作業できると良いです。

このレシピの生い立ち

明治ミルクチョコレートのデザインをいかして何かを作りたかったのがきっかけです。箱なら作れるかな?っと思ったものの、なかなか難しくて大変でした。
レシピID : 505309 公開日 : 08/02/13 更新日 : 08/02/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」