父の炒飯

父の炒飯
おいしいと評判の料理教室で習ったレシピを、父が何度も何度も作ってアレンジ。

実家で作ってもらったら、しょうがと干しえびの香りが本格的でおいしかったです。

ポイントは、にんにく醤油を少量使うところ。

材料 (1 人分)

少々 (みじん切り)
1個
ねぎ
1/2本 (みじん切り)
サラダ油
大さじ 1杯強
冷やご飯(あるいは、冷凍ご飯)
 200g (茶碗いっぱい強)
塩、胡椒
塩小さじ1/2杯、胡椒少々
大さじ 1杯強
にんにく醤油
大さじ 1/2杯

1

フライパンを高温に熱する。(手をかざして熱くなっていることを確認する)

フライパンが熱くなったら、サラダ油を入れて、なじませる。

2

みじん切りのしょうが、ねぎ(親指ぐらいの量)と卵を入れて、油に香りをつける。

5秒経ったら、冷やご飯を入れて、しゃもじで返すように炒める。冷やご飯がパラパラになるまでたんねんにほぐす。(2分間ぐらい)

3

写真

残りにねぎ(みじん切り)、塩、胡椒を入れて炒める。

酒を入れて、炒める。

最後に、にんにく醤油(写真)をフライパンの壁なら流し込んで、炒めて完成。

コツ・ポイント

炊き立てのご飯はベタベタするので、あまり向かないとのこと。
にんにく醤油は、皮をむいたにんにくを醤油につけ込んでおくだけのもの。

このレシピの生い立ち

おいしいと評判の料理教室で妹が習ってきたレシピを
父が伝授されて作ったものです。
レシピID : 505354 公開日 : 08/02/11 更新日 : 08/02/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
Profile motch96 2008年05月15日 09:15
肝心の干しえびは??