鶏レバーの陳皮と生姜の甘辛煮

鶏レバーの陳皮と生姜の甘辛煮

Description

春の薬膳:季節が陰から陽へ変わり天候が不安定な時期。肝機能が高ぶり、活発に働くので、肝をいたわる食材を取りましょう。

材料 (2〜3人分)

鶏レバー
300g
陳皮(千切り)
5g
調味料A : きび砂糖
大1/2
     酒
大1

作り方

1

写真

鶏レバーは適当な大きさに切り、水の中で軽く指で押しながら血を抜く。白い部分を包丁で切り取る。

2

写真

フライパンに油を温め、陳皮と生姜を香り出す。

3

調味料Aを加えて、沸騰したら、鶏レバーを加えて、煮詰めて、出来上がり。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

〈春の薬膳〉
鶏レバー:甘苦/温、肝腎脾ー養肝 補腎 補血
陳皮:辛苦/温、脾肺ー理気(気を巡らせ、停滞を解消する)
生姜:辛/温、脾胃肺ー化痰 解表(浅い部分に取り付いた邪を発散させて取り除く)解毒(体内の老廃物・病邪を取り除く)
レシピID : 5056057 公開日 : 18/05/01 更新日 : 18/05/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」