ホワイトチョコレートのトリュフ

ホワイトチョコレートのトリュフ
ホワイトチョコレートを使った、中も外も白いトリュフ。黒いチョコでも応用できます。

材料

ホワイトチョコレート(クーベルチュール)
150グラム
小匙半分
オレンジピール(飾用)
あれば
コーティング用ホワイトチョコレート(クーベルチュール)
200グラム
粉砂糖
40グラムくらい。形成用

1

ホワイトチョコレートを刻みます。チップタイプのものも、更に半分くらいに刻んで置くと溶け易いです。
生クリームは小さめの鍋に入れて沸騰直前まで弱火で暖めます。

2

刻んだチョコレートをボールに入れ、生クリームを注ぎます。この時、クリームが鍋にくっついて少量残ったりするのが気になっても、もうポタポタ落ちて来ないほど少量なら、ヘラでかき出したりしなくていいです。

3

空気が入らないように泡立て器で静かに混ぜます。この時キルシュを加えます。透明っぽいのが少しずつ濃くなっていきます。今の季節なら水で冷やさなくてもゆっくり混ぜ続ければ固くなっていきます。

4

写真

ゆるめの生クリームくらいの堅さになったら、絞り袋にいれて絞ります。下にはクッキングペーパーをしいて下さい。私は一センチの丸口金を使っていましたが、生クリームのおまけの搾り出し袋でもいけるかも。ギザギザを切れば・・・。

5

寒いところでしばらく置きます。硬くなったたら、形を整えます。ガナッシュはすぐ溶けるので、まずラップでおにぎりみたいに、絞るようにしてある程度丸くします。
柔らかくなってしまったらまたちょっと置いてから次の作業へ。

6

粉砂糖を手にまぶしてから、ガナッシュ(つまり、5で作ったやつです)を丸めます。最後の形を整えます。

7

コーティングします。クーベルチュール(コーティング用)を湯煎にかけます。40から45度まで暖め(暖めすぎないよう注意)27度まで冷やし、30度に保ったまま作業します。 のが正しいのですが・・・

8

今回は温度計が見つからず、お風呂の温度まで暖め、ぬるめになるまで冷やしてちょっとだけ暖かくして作業・・・したのであんまり艶もありません。これをちゃんとすると、艶も口どけもよくなるらしいです。

9

フォークなどでガナッシュをチョコに潜らせます。クッキングペーパーをしいたバッドなどにおいて固めます。固まったらもう一度潜らせてチョコを厚くします。

10

小さく切ったオレンジピールなどをのせます。あればでいいです。

11

(どうでもいいこと)
もしコーティングが上手くいかず、余りにもデコボコになってしまったりしたら、網などの上でフォークでつつきながら転がして表面をツンツンにすればごまかせます。

コツ・ポイント

今回は、以前作ったはっさくのオレンジピールが余ったので使いました。なくっても大丈夫。
ミルクチョコなどのクーベルチュールでもできます。(キルシュ→ブランデーに)洋酒はお好みなのでアルコールが苦手な場合は無しにしても。
テンパリングについては、私は家ではあまり成功しません・・・。
もしマーブルが出てしまったら粉砂糖でごまかそうと思ったのですが、奇跡的に出ませんでした。

このレシピの生い立ち

自分で食べるのも好きなので、よく作るレシピです。いつもは見かけにこだわらないのですが、今回はバレンタインなのでちょっと時間をかけてみました。生クリームはチョコに対し半分の量がセオリーだと聞くのですが、多いほど柔らかくなる気がして今回はちょっと多めに。でも寒いからか普通に堅くなってしまいました。
レシピID : 505748 公開日 : 08/02/11 更新日 : 09/10/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
ともこちゃんその2 2008年02月13日 14:14
こんにちは♪
ホワイトチョコのトリュフ、いつも失敗してしまいます。生クリームを注ぎ、かき回すと分離してしまうのです。
実は今も失敗しちゃいました(‐∀‐||)
何故分離してしまうのかわかりますか?
よろしくお願いします
kiska 2008年02月13日 20:49
こんにちわv コメントありがとうございます。

うーむ・・・私はホワイトで分離はあまりしないのでお役に立てないと思います・・・。ごめんなさい。私はホワイトは、大東カカオのチップタイプでないものを使っていますが、以前冷蔵庫に保存したチョコレートで分離したことがあります。冷やしすぎたのかも・・・。あと、生クリームの温度が高くなりすぎると分離するかもしれません。ホットショコラをブラックですが作ろうとして電子レンジで沸騰させたら分離しました。慎重にやるのならば、チョコレートと生クリームを一緒に湯煎にかけて、暖めながらゆっくり溶かすという手もあります。
しかし、お役にたてなくて申し訳ないです・・・。