桜よもぎあんパン(半HB編)

桜よもぎあんパン(半HB編)

Description

よもぎの香りと桜花の塩漬けがよく合います。キタノカオリを使って少しもっちりさせました。

材料 (12個)

よもぎパウダー
10g
170ml
50g
無塩バター
25g
砂糖
25g
4.5g
ドライイースト
3.0g
あん
400g
桜花の塩漬け
12個
溶き卵(塗り用)
適量

作り方

1

HBでは、基本の生地作り、捏ね~一次発酵まで行います。成形後の二次発酵〜焼きはオーブンで行います。

2

写真

材料を計量し準備します。
バターは常温に戻しておきます。
よもぎパウダーは適量のお湯で混ぜ合わせます。

3

写真

桜花の塩漬けは水に約10分浸し塩抜きした後キッチンペーパーで水気を取ります。

4

写真

強力粉はふるいにかけておきます。

5

写真

HBに水を入れます。

6

写真

ドライイースト以外の材料を四隅に入れ、真ん中にくぼみを作り、ドライイーストを他の材料と触れないように入れます。

7

写真

出来上がった生地を、打ち粉をふった台の上に取り出し、スケッパーで12等分に分割します。

8

写真

生地の表面がなめらかになるように丸め、濡れ布巾を被せて、約15分生地を休ませます。

9

写真

休ませた生地をめん棒で丸く伸ばします。

10

写真

あんを、約30~33gずつ(400÷12)計ります。
※次の工程の生地の量、丸く開けた大きさにより、あんの量は調整。

11

写真

伸ばした生地を手に取り、計ったあんをのせ、包んでいきます。閉じ口は開いてあんが出てこないように、しっかり生地を閉じます。

12

写真

オーブン紙を敷いたオーブン皿に、包んだ生地を均等に並べていきます。
※2倍ぐらい膨らむので、真ん中から間隔をあけ並べる。

13

写真

オーブンを発酵モードにセットし、35℃で予熱準備。
予熱完了後、約40分2次発酵する。

14

写真

約2倍ぐらいに膨らんだら発酵完了。オーブン皿を取り出し、パン中央に溶き卵を少し塗り、桜花を押し付けるように飾ります。

15

写真

オーブンを180℃に予熱設定し、予熱完了後、パン生地を乗せたオーブン皿を下段と中段にセットし、約15分焼きます。

16

写真

完成です。

コツ・ポイント

水の温度はイースト菌の発酵に影響するのでだいたい以下の目安で調整
室温30℃以上:水温10℃ぐらい。
室温20℃程度:水温20℃ぐらい。
室温10℃以下:水温30℃ぐらい。

このレシピの生い立ち

モチッとしたあんパンを作りたくて。
レシピID : 5062672 公開日 : 18/05/09 更新日 : 18/05/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

20/05/30

写真

リピートしてます。包むのも楽しい。皮がサクサクで美味しいです。

クック1BTOYX☆

18/09/02

First tsukurepo mark
写真

柔らかくて美味しかったです♪とっても参考になりました(^-^)

おべんと箱

つくれぽ有難うございます!