サッポロ一番艶うどんでツナのつけ麺

サッポロ一番艶うどんでツナのつけ麺
艶うどんのツルツルとした喉ごしを、釜揚げ風に味わってください♪

材料 (一人分)

サッポロ一番「艶うどん」(鰹だしが豊かに香るつゆ)」
一袋
ツナ
1缶の半分
ねぎ
3センチ程度
白いりごま
小さじ1

1

麺を茹でる。その間にネギを1ミリの輪切り、ツナの油を少し切っておく。粉末のつゆの素はつけめんだれの器に入れておく。

2

麺がゆであがる少し前に、つゆの素に沸騰したお湯100~150cc注ぐ(濃さはお好みで)そこにネギとツナ、白いりごまを入れる。

3

麺がゆであがったら、茹で汁ごと器にもりつけ、釜あげうどん風に、先ほどのつけだれにつけながら、食べます。できあがりです♪

コツ・ポイント

茹で汁は、あとでそば湯のように、最後につけだれに入れて飲めるように捨てないほうがいいと思います。

このレシピの生い立ち

麺がとってもツルツルして喉越しがいいので、ザルのようにして食べたかったのですが、今は冬なので、釜あげ風に食べれたらいいな・・・と思って、暖かいつけ麺にしてみました!
レシピID : 506348 公開日 : 08/02/12 更新日 : 08/02/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」