白いんげん豆と鶏の煮込み♪胃腸の弱い方に

白いんげん豆と鶏の煮込み♪胃腸の弱い方に

Description

じゃが芋・骨つき鶏肉・白いんげん豆で胃腸に優しい♪白いんげん豆は、漢方・中医学では食欲不振・下痢・腰膝がだるい時に!

材料

白いんげん豆
50g
鶏手羽元
8個
じゃが芋
4個
玉ねぎ
2個
セロリ
1本
小さじ1
酒+水
100ml+200ml(少なければ足してください)
1個
塩こしょう
少々

作り方

1

写真

材料をそろえる。じゃが芋の皮をむき、1/4に切る。

2

写真

白いんげん豆を水に半日つけておく(急いでいるようなら水500ml+お湯500mlのぬるま湯につける)

3

写真

一度水を捨てて、水を新しくして、強火で煮立てて

4

写真

さし水300mlを数回繰り返しながらしばらく煮て

5

写真

その後、お湯捨てて、水を新しくして、重曹と水を加えて、弱火で煮る

6

写真

豆が浸っている位の水分量で40分くらい煮て(水が足りないようなら足してください)

7

写真

自然にひやして、水気を切って、出来上がり!(皮が破れやすいので、使う直前まで漬けて置いてください)

8

写真

じゃが芋を皿に入れて、ふんわりラップして、500W8~10分レンジで加熱する

9

写真

セロリは10cm幅に細切りにする。セロリの葉は最後に加えるのでとっておく。

10

写真

フライパンに油を熱し、鶏手羽元を焼く。裏返し、両面焼く。

11

写真

酒・水を加えて、ひと煮立ちしたら、

12

写真

玉ねぎ・セロリ・ローリエを加え

13

写真

砕いたコンソメを加え、煮る(水分が足らない様なら足して下さい)

14

写真

8のじゃが芋を加え

15

写真

白いんげん豆を加え

16

写真

9のセロリの葉を加え

17

写真

塩こしょうでととのえて、出来上がり!

コツ・ポイント


じゃがいも
性味:甘・平
帰経:胃・大腸
効能:和胃、補気、健脾
適応症:お腹の冷え・便秘

このレシピの生い立ち

白いんげん豆
性味:甘・鹹・平
帰経:脾・胃
効能:健脾祛湿・補腎
適応症:食欲不振・下痢・腰や膝がだるい
鶏肉
性味:甘・平
帰経:脾・胃
効能:補中益気・補精益髄
適応症:脾胃虚弱・虚労
レシピID : 5081714 公開日 : 18/05/31 更新日 : 18/06/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

18/06/16

First tsukurepo mark
写真

いんげん豆がなかなか見つからなくて(゜o゜;スープも美味しい♡

curisupin

curisupinさん、探して作って下さってありがとう!