賀茂なすの四川風麻辣だれ

賀茂なすの四川風麻辣だれ
野菜ソムリエ考案レシピ。賀茂なすは蒸しても美味。たれが決め手です。

材料 (2人分)

賀茂なす
1個
(A)
・ねりごま
20g
・砂糖
小さじ2
・しょうゆ
小さじ2
(B)
大さじ1
小さじ1/2
小さじ1
ピーナッツ(粗く砕く。おつまみ用で可)
10g

1

賀茂なすはガクを落とし、皮を薄くむいて縦4等分に切り、それぞれをさらに4等分に切ります(計16切れくし形)

2

1%の塩水(水500㎖に塩小さじ1)(分量外)に10分ほどさらします

3

2の水気を軽くふき耐熱皿に並べます。ラップをしてレンジにかけ(500Wで4分位)粗熱が取れるまで冷まします

4

(A)を上から順に合わせます。(B)の花椒は、手でひねり、細かくします。

5

(B)を小さめの鍋に入れ、弱火にかけます。香が出れば(A)に加え、よく混ぜます。

6

3を器に盛りつけて上から5をかけ、ピーナッツ、万能ねぎをあしらいます。(たれは食べる直前にかけてください)

コツ・ポイント

賀茂なすは、皮を薄くむいて塩水にさらすことで、綺麗な緑色になります。(A)は、ねりごまと砂糖を混ぜてから、他の調味料を順に入れると砂糖の吸水性により混ざりやすいです。レンジは加熱ムラがあるので、途中返すか皿の向きを変えて下さい。

このレシピの生い立ち

茹で鶏にこのたれをかければ口水鶏(よだれ鶏)に。その場合、鶏がらスープの代りに、鶏の茹で汁を加えて下さい。野菜ソムリエプロ<山村優佳>考案レシピ。
レシピID : 5089503 公開日 : 18/06/28 更新日 : 18/06/28

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」