賀茂なすとミニトマトの冷やし鉢

賀茂なすとミニトマトの冷やし鉢
野菜ソムリエ考案レシピ。暑い時期には、酸味がきいた冷たい出汁で、さっぱりと。

材料 (2人分)

賀茂なす
1個
大さじ1
ミニトマト
10個
茗荷
1個
新生姜
15g
(A)
200ml
・砂糖
大さじ1
・酢
大さじ2
・塩
小さじ1/2
大さじ1/2
しその葉(あれば)
2枚

1

賀茂なすはガクと実の先端を切り落とし、しま模様になるよう、ピーラーで皮を縦にむき、横に4等分に切ります。

2

1を半月切りにし、1%の塩水(水500mlに塩小さじ1、分量外)に10分程さらし水気をペーパーでふきます。

3

フライパンにごま油を温め2を入れ、手早く返しごま油を絡め、蓋をし弱火で5~6分焼き、返して同様に焼きます。

4

新生姜は千切り、茗荷は縦半分に切り、生姜の長さに合わせて斜めに薄切りし、水にさっとさらして水気を切ります。

5

(A)を合わせて4を入れ、3を熱いうちに入れます。

6

鍋に湯を沸かし、ミニトマトを5秒茹でて冷水にとり、ヘタを取り皮をむきます。

7

ヘタの方から厚み1/3ほどの深さの切り込みを1本入れます。

8

写真

5の粗熱が取れれば7を入れ、ラップを調味液に密着させ、冷蔵庫で1時間以上しっかり冷やします。

9

器に盛り付けて汁をはり、しその葉をあしらい、新生姜と茗荷を天盛りにします。

コツ・ポイント

賀茂なすを塩水につけることで、アクが抜け、なすの水分が出て調味液が馴染みやすくなり、旨味が凝縮して下味もつき、火が入りやすくなる等の効果があります。熱いうちに調味液につけると味がしっかりなすに入ります。

このレシピの生い立ち

豚ロース肉の薄切りをさっと茹でて一緒に漬けると、栄養価もボリュームもアップします。疲れている時にもおすすめです。野菜ソムリエプロ<山村優佳>考案レシピ。
レシピID : 5089539 公開日 : 18/06/29 更新日 : 18/06/29

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」