山の芋と豆乳の冷やし蕎麦“霧芋そば”

山の芋と豆乳の冷やし蕎麦“霧芋そば”

Description

真っ白な冷やし蕎麦。暑い日は冷そばでさっぱり。でも体力はつけたい。そんな時におすすめ。山の芋と豆乳でスタミナばっちり。

材料 (2人分)

山の芋(つくね芋、大和芋)
すりおろし60g
そば(乾麺)※生麺でもok
2人分
そばつゆ(つけそば用の濃いめのもの)
300ccぐらい

作り方

1

写真

2

写真

3

写真

4

写真

5

写真

6

写真

7

写真

8

写真

コツ・ポイント

粘りの強い「山の芋」を使います。豆乳は必ず固形分10%以上のものを約70℃まで温めてから泡立てて下さい。
暑い日は冷たいそば、寒いときは温そばで。途中でわさび(冷やし)や七味(温そば)を加えると、さらに箸がすすみます。

このレシピの生い立ち

丹波篠山の「山の芋」は、ものすごく粘りが強くて真っ白。とろろやお好み焼きでおなじみの山の芋。この白さと粘りを生かした別の食べ方をしたくて、山の芋の産地“篠山”の朝霧をイメージして作りました。
レシピ名は山の芋の別名”霧芋”から名付けました。
レシピID : 5099799 公開日 : 18/05/30 更新日 : 18/05/31

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」