ドライフルーツとライ麦のクイックブレッド

ドライフルーツとライ麦のクイックブレッド

Description

発酵なし。混ぜて焼くだけ簡単なクイックブレッド(ソーダブレッド)。ライ麦を使うとドイツパンのような、粉の旨味満点です。

材料 (食パン型 縦195×横95×高さ95)

ライ麦全粒粉中挽
150g
フランス小麦メルベイユ準強力粉
150g
※ライ麦の代わりに全粒粉でもOK
(150g)
※メルベイユがない場合は強力粉と薄力粉を
(1:1)
自家製ベーキングパウダー
15g
※自家製BPのレシピはID:5103307
(15g)
※重曹5g、クエン酸4gでも代用可能
(5g+4g)
2g
ドライフルーツ
カリフォルニアレーズン
25g
グリーンレーズン
25g
サルタナレーズン
25g
カレンツレーズン
25g
ドライクランベリー
50g
※レーズン1種類でもOK
(150g)
液体
ヨーグルト(プレーン)
50g
オリーヴオイル又は米油
20g

作り方

  1. 1

    写真

    食パン型(縦195×横95×高さ95)にクッキングペーパーを敷きます。

  2. 2

    <ポイント>
    クイックブレッドを型で焼けば、成形する手間も省け、より簡単に、美味しく焼くことができます。

  3. 3

    <準備>オーブンを予熱200度、15分にセット。

    レーズンを湯通しするので、鍋に水を入れ沸かしておきます。

  4. 4

    写真

    計りにボールとザルを置いて、0gにセット。

  5. 5

    写真

    粉類の重さを計りながら、順番に入れていきます。

  6. 6

    写真

    自家製または市販のベーキングパウダー15gを粉に入れます。
    ※自家製BPのレシピはID:5103307

  7. 7

    <ポイント>
    ベーキングパウダーの代わりに、重曹5g、クエン酸4gでも美味しく膨らみます。

  8. 8

    写真

    粉をザルでふるいます。

  9. 9

    写真

    泡立て器で混ぜ合わせます。

  10. 10

    写真

    ドライフルーツを計測。

  11. 11

    写真

    ドライフルーツは水洗いして油膜を取り、鍋にドライフルーツと水を入れ加熱。沸騰前に火を止め、5分ぐらい置きます。

  12. 12

    写真

    ザルで湯切りします。

  13. 13

    写真

    粉類のボールに入れて、軽く混ぜます。

  14. 14

    写真

    計りにボールを乗せて、0gにセットして、ヨーグルト、豆乳、オリーヴオイルを計測します。

  15. 15

    写真

    泡立て器で混ぜていくと、トロトロに乳化します。

  16. 16

    写真

    粉に液体を8割ほど入れ、シャモジで素早く混ぜます。

    ※ヘラよりシャモジの方が、素早く混ぜれるので愛用しています。

  17. 17

    写真

    残りの液体も入れて、混ぜ合わせます。
    <ポイント>
    混ぜるだけ。捏ねない、練りすぎないこと。

  18. 18

    写真

    <写真のように、液体を全部入れても粉っぽい場合は?>
    豆乳を少しずつ入れて、粉っぽさをなくします。

  19. 19

    写真

    写真のように、生地全体がしっとりしたらOKです。
    ※仕上げは、シャモジからヘラに切り替えて混ぜます。

  20. 20

    写真

    生地をヘラで食パン型に入れます。

  21. 21

    写真

    ヘラで上面を軽くならします。
    焼いたら均一に膨らんでくれます。

  22. 22

    写真

    オーブンに入れて、200度で15分焼いて、180度に落として30分。中まで焼けてない場合は5分単位で延長して焼きます。

  23. 23

    写真

    200度15分、180度35分で焼き上がりました。

  24. 24

    写真

    美味しそうに焼けましたよ〜!
    食パン型から取り出し、ケーキクーラーの代わりに「天ぷらパットの中敷」を利用していますw

  25. 25

    写真

    蒸気で底が湿るので、冷めるまでは、中敷の下に新聞紙を敷いて、湿気を吸収させます。

  26. 26

    写真

    完成しました。
    カットして、バターやクリームチーズを塗って食べると、ライ麦パン特有の酸っぱさもなく、最高に美味いです。

  27. 27

    <ポイント>
    粉と液体は1:1を基本にしています。他のクイックブレッドより水分量が多いのが特徴です。

  28. 28

    <ポイント>
    液体に油脂を足すと乾燥しにくくなり、日持ちします。

  29. 29

    <フランス小麦メルベイユ>
    旨味と風味が最高なので、クイックブレッドにオススメの小麦粉です。

  30. 30

    ※ライ麦の代わりに全粒粉でもOKです。
    ※メルベイユがない場合は強力粉と薄力粉を1:1、または中力粉を代用して下さい。

コツ・ポイント

強力粉やライ麦でも美味しいクイックブレッドができないか、しかもスコーンのようなゴツゴツしたものでなく、ドイツパンのように...色々アレンジしながら、型で焼けば、成形する手間も省け、簡単に焼くことができるこのレシピが完成しました。

このレシピの生い立ち

イギリスでソーダブレッド(クイックブレッド)に出会ったのがきっかけです。重曹でパンが焼けるという簡単さと、素朴な美味しさ、そして料理とは異なる理系的な面白さにハマって、毎日のように焼いています。
レシピID : 5100567 公開日 : 18/06/03 更新日 : 20/05/05

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

2 (2人)
写真

2021年1月26日

フルーツ無しですが美味しいです!

写真

2020年5月30日

初れぽ

プレーンのクイックブレッドが美味しかったのでこちらもお世話に♪

コメントを書くには ログイン が必要です